調査リポート
» 2008年04月25日 09時00分 公開

携帯で動画視聴、利用者の9割が「今後も使いたい」

ドコモ・ドットコムが、モバイル動画の利用実態に関する調査結果を発表。利用者の9割近くが「今後も使いたい」と答えるなど、利用意向が高まっている。視聴理由は「無料だから」という回答が最も高く、視聴ジャンルは「音楽」がトップとなっている。

[ITmedia]

 ドコモ・ドットコムは4月23日、「モバイル動画受容性に関する調査」の結果を発表した。首都圏在住の15歳から49歳の男女1465名を対象に、1月24日から30日まで行ったもので、有効回答数は1465名。

 同調査によれば、携帯動画サイトの認知状況は、「知っている」が66.7%となった。携帯動画サイトの利用状況は、動画サイトの現利用者で今後の視聴意向がある層が89%と高く、非利用者で今後の視聴意向がある層が47.2%となっている。

 携帯動画サイトの情報を入手する経路は、「家族・友人・知人のクチコミ」が37%で最多となり、「携帯の検索サイト」が22%、「テレビCM」が15%でこれに続いた。年代別では、すべての層で「家族・友人・知人のクチコミ」という回答が最も多く、15歳から18歳の層では50%を超えた。

 携帯動画サイトを視聴する理由は、「料金が無料だから」が71.9%で最も高く、これに「好きな時に見られるから」が50.8%、「定額制に入っているから」が44.6%、「ジャンルが豊富」が26.7%、「好きなタレント(キャラクター)の動画がある」が23.1%、「動画数が多い」が19.8%、「個人が投稿した動画が見られる」が12.2%、「携帯でしか見られない動画がある」が8.6%と続いた。

 良く見る携帯動画のジャンルは、「音楽(プロモーションビデオ)」が47%でトップで、第2位は35%の「一般の人がアップしている動画」で、15歳から18歳の層では「音楽(プロモショーションビデオ)」が61.6%、19歳から23歳の層では「一般の人がアップしている動画」が46.5%と高かった。

 携帯動画サイトに求めるポイントは、「料金の安さ」が72.3%、「画質のよさ」が52.3%、「ジャンルの豊富さ」が40.6%、「サイトの検索しやすさ」が39.2%、「好きなタレント(キャラクター)の動画がある」が27.4%、「動画数の多さ」が27.0%と並んでいる。

関連キーワード

CM | 検索 | 無料 | NTTドコモ


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう