調査リポート
» 2008年04月28日 09時00分 UPDATE

ユーザーがキャリアに抱くイメージ、ドコモはビジネス、おしゃれなau、安さのソフトバンク

アイシェアが携帯キャリアのイメージに関する調査結果を発表。ドコモは「ビジネスマン向き」、auとソフトバンクモバイルは「若者向き」というイメージが強く、auは“端末のデザイン”、ソフトバンクモバイルは“料金体系”が他キャリアと比べた優位点として挙がっている。

[ITmedia]

 アイシェアは4月25日、携帯電話キャリアのイメージに関する調査結果を発表した。調査は2月25日から同27日まで、同社が提供する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は253名。

sa_rs01.jpgsa_rs02.jpgPhoto ユーザーが各キャリアに抱いているイメージ

 今回の調査によれば、NTTドコモのイメージは「ビジネスマン向き」が45.1%でトップ。これに「実用的」が26.9%、「年配者向き」が25.3%で続いた。年配者向きというイメージが強いのは、同社のシニア向け携帯シリーズが認知されていることによると考えられる。

 これに対してauのキャリアイメージは「若者向き」が65.6%と突出しており、以下「学生向き」が24.5%、「女性向き」が20.2%となった。他社に比べて充実している点として、「端末のデザイン」が33.6%、「音楽」が28.5%と上位にあがっており、「ビジネスツール」というイメージの強いドコモに対して「おしゃれ小物」的なイメージがあるようだと分析している。

 ソフトバンクモバイルは、「若者向き」が40.3%、「学生向け」が24.9%、「女性向き」が23.7%でトップ3となった。このほか49.8%がCMを「好き」と評価している一方で、4人に1人がキャリアイメージを「安っぽい」としており、他キャリアと比べた優位点も「料金体系」が56.5%と圧倒的多数を占めるなど、「低価格ツール」ととらえられているようだという。

※初出時に、ソフトバンクモバイルのイメージの表記に誤りがありました。お詫びし、訂正いたします。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.