ニュース
» 2008年05月01日 23時59分 UPDATE

リア・ディゾンもハマった日本文化の魅力――純和風着せ替えパネル「JAPAN TEXTURE」

「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」用着せ替えパネル「JAPAN TEXTURE」の発売イベントが、ソフトバンク表参道店で行われた。ゲストのリア・ディゾンさんも興味津々という、日本の伝統工芸とコラボしたパネルとは?

[市原達也,ITmedia]
yo_0580.jpgyo_0588.jpg

 4月30日、ソフトバンクモバイルの「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」用の着せ替えパネル「JAPAN TEXTURE」の発表イベントがソフトバンク表参道で行われた。

 JAPAN TEXTUREは、「和」をキーワードに「京友禅」と「京漆器」の伝統工芸で作られた着せ替えパネルであり、日本の伝統工芸を使った豪華な造りが特徴だ。対応端末の823SHは、スリムでエレガントなデザインのワンセグケータイ「THE PREMIUM 820SH」「THE PREMIUM 821SH」をベースに、本物の牛革やカーボン素材を使ったパネルが付属するモデル。JAPAN TEXTUREの登場により、さらなる高級感や上質感を持たせることができる。


photo 「JAPAN TEXTURE」を作り出したソフトバンクモバイル プロダクト企画部の浦元芳浩氏

 JAPAN TEXTUREには友禅を使った「JAPAN TEXTURE 友禅」と、漆を使った「JAPAN TEXTURE 漆」の2つのラインアップがあり、それぞれ6種類、合計12種類の製品がある。JAPAN TEXTUREを作り出したソフトバンクモバイル プロダクト企画部の浦元芳浩氏は、「限定品として本物の伝統工芸を提供したかった」と話す。

 JAPAN TEXTURE 友禅は単に染め物と漆を使ったものではなく、京友禅の木村染匠とコラボレーションしたもの。一方のJAPAN TEXTURE 漆も、京漆器の老舗「象彦」とのコラボレーションから生まれた本格的なものだ。そのため、JAPAN TEXTURE 友禅は各50枚、JAPAN TEXTURE 漆は希望のひらがなを入れられる「桜花」が10枚、そのほかは各100枚と、販売数はごくわずかである。

 浦本氏によるとJAPAN TEXTURE 友禅は「布の風合いと自然なふくらみが特徴」とのこと。JAPAN TEXTURE 漆は「使い始めはすっきりしているが、次第に柄がくっきりしてくる」と、使い込むうちに独自の深みが出る漆を特徴を生かして作られているという。

photophoto JAPAN TEXTURE 漆シリーズ(写真=左)。左から「市松白壇」「猫」「薫風」「松唐草」「光珠水白壇」である。残念ながら桜花は展示されていなかった。JAPAN TEXTURE 友禅シリーズ(写真=右)。左上から「梅輪葉(黒)」「梅輪葉(茜)」「乱菊(朱)」「乱菊(浅葱)」「花鳥風月(白茶)」「花鳥風月(銀鼠)

photo JAPAN TEXTUREの対応端末「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」

 気になる価格だが、JAPAN TEXTURE 友禅の「花鳥風月(白茶)」と「花鳥風月(銀鼠)」が各2万4800円。「乱菊(朱)」と「乱菊(浅葱)」が各1万9800円。「梅輪葉(黒)」と「梅輪葉(茜)」が各1万7800円である。JAPAN TEXTURE 漆の「桜花」は15万8000円。それ以外のJAPAN TEXTURE 漆は各1万3800円で販売される。桜花は前述の通り、希望の文字をひらがなで入れられるため、ほかよりも10倍以上の価格と非常に高額だ。

 販売数が限定ということもあり、店頭でJAPAN TEXTUREを購入できるのはソフトバンク表参道とソフトバンク六本木、ソフトバンク渋谷、ソフトバンク横浜ザ・ダイヤモンド、ソフトバンク仙台 リスロード、ソフトバンク名古屋のみ。なお、オンラインショップでも取り扱っている。

photophoto 「JAPAN TEXTURE」の発表イベントに登場したリア・ディゾンさん

 JAPAN TEXTUREの発表イベントにはリア・ディゾンさんが特別ゲストとして登場。マイ浴衣も持っているというリア・ディゾンさんは日本文化に非常に興味があるそうで、会場にはこの日のために自分で生けたという「リア・テクスチャー」と題した生け花も公開された。

 当然、友禅と漆を使ったJAPAN TEXTUREにも興味があり、特にJAPAN TEXTURE 友禅の乱菊(浅葱)とJAPAN TEXTURE 漆の「猫」がお気に入りとのこと。白のドレスで登場したリア・ディゾンさんが手にしたJAPAN TEXTUREは、日本の伝統工芸とは思えないほどドレスに調和していた。


photophoto 好きなデザインを聞かれて、リア・ディゾンさんはほとんど迷わずに乱菊(浅葱)と猫を手にとっていた

photophoto 手にした「猫」は、日本の伝統工芸とは思えないほど白いドレスと調和していた

photophoto 会場では、この日のために本人が生けたという作品「リア・テクスチャー」も公開

photophoto
yo_0442.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう