レビュー
» 2008年05月11日 04時47分 UPDATE

写真で解説する「PRADA Phone by LG」(ソフトウェア編) (1/3)

3インチのフルタッチパネルとスリムで洗練されたデザインが魅力の「PRADA Phone by LG」。ソフトウェアは“PRADA”の世界観やタッチパネルの操作性を生かしながら、日本語入力とメール、iモードやフルブラウザなど、いわゆる“日本のケータイ”としての機能がうまく共存していた。

[岩城俊介,ITmedia]
photophoto
photophoto 101(高さ)×54(幅)×12.7(厚さ)ミリ、重量92グラムのPRADA Phone by LG。持つと、見た目以上にコンパクトで軽量の印象を受ける。ディスプレイはワイドQVGA(240×400ピクセル)の3インチフルタッチパネル液晶
photophoto 最下段に始話/クリア/終話キー(電話アイコンが赤く光る)、タッチパネル下段にメニュー、ダイヤルキー表示、メール、アドレス帳を表示するショートカットエリアが表示される

photophoto  
photophoto ホワイト基調とブラック基調のデザインテーマ。待受画面の下に、メニュー/ダイヤルキー表示/メール/アドレス帳を開くショートカットがある。3列×4行のタイルメニューによるメニューデザインは国内メーカー製端末にもよく使われる。ドコモユーザーに見慣れたiモードやiアプリのアイコンもある
photo (参考)P905iのタイルメニュー
photophotophoto 左からダイヤルキー表示モード、メール、アドレス帳。いずれもタッチ操作(あるいはスタイラスペン操作)で使いやすいよう、適度な行間があり、ボタンサイズも大きめにつくられている
photophotophoto 待受画面の時計やカレンダーは、ドラッグ&ドロップ操作で好きな位置に配置できる。タッチ操作でブルッと震えるフィードバック効果や鳴らす音の有効/無効/種類は設定で変更できる
photophoto  
photophotophoto  
photophoto 待受画面に表示する壁紙は“PRADAロゴのみ”やプラダプロデュースのデザインのものなどをプリセットする。壁紙と時計/カレンダー/カレンダー+スケジュールを組み合わせる表示も可能だ
photophotophoto メニュー2階層目は縦スクロール型。このスタイルも(賛否両論はあるが)見慣れているという意味で安心できる。データBOXメモリ容量は合計94555.7Kバイトと表示された
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.