速報
» 2008年05月15日 11時51分 公開

アプリックス、Linux携帯向けの組み込みソフトウェア開発キットを先行展示

[ITmedia]

 アプリックスは5月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催される「第11回組込み開発技術展」において、同社が今月中の発売を予定している「携帯電話型組み込みソフトウェア開発キット」(OPA-01L)を先行展示する。

 この開発キットは、2007年11月14日から16日まで開催された組込み総合技術展で展示したLinux携帯電話向けプラットフォームのリファレンス・インプリメンテーションの技術をベースに、日本国内の組み込みソフトウェアベンダーなどを対象に製品化したもの。ARM11コア採用のアプリケーション・プロセッサi.MX31を搭載した携帯電話型の本体と、本体に直接接続できるデバッグボード、Linux用ドライバ、仕様書などをセットにしたもので価格はオープンプライス。

 展示は、同キットの開発に協力したトライピークス、フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン、モンタビスタソフトウエアジャパンのブースで行う。

関連キーワード

組み込み | 携帯電話 | Linux


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう