速報
» 2008年05月15日 12時56分 UPDATE

エイチアイ、OpenGL ES1.1対応のソフトウェア3D描画エンジン「MascotCapsule Renderion」を開発

[ITmedia]

 エイチアイは5月13日、OpenGL ES1.1に対応したソフトウェアの3D描画エンジン「MascotCapsule Renderion」を開発したことを発表した。5月末からの販売予定。

 OpenGL ES対応のソフトウェア3D描画エンジンは、描画処理用のサブCPUであるグラフィックスアクセラレータが従来行っていた描画処理を、メインCPU上でソフトウェアにより代替処理するもの。これによりメーカーはOpenGL ESを低コストで実装可能になる。

 今回エイチアイが開発したのは、ARMコア向けにチューニングし高速処理を実現したソフトウェアエンジン。エイチアイは、組み込み機器向けJavaの国際標準グラフィックスAPIのJSR184だけでなく、ネイティブ環境の国際標準グラフィックスAPIであるOpenGL ESについてもフルソフトウェアで対応した。

 同社は5月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催される「第11回 組込み開発技術展」の同社ブースで、Renderionのテスト実装版を展示する。

関連キーワード

3D | API | CPU | 組み込み | Java


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.