トップ10
» 2008年05月15日 21時18分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:日本で発売してほしいノキア端末

日本のケータイ市場が変革期を迎える中、オープンさをウリにしたノキア製端末「X02NK」の販売が好調だ。「今後も日本市場にいろいろな商品を提供する」というノキアのマクギー社長には、ぜひ、こんなモデルの販売を検討してほしい……。

[後藤祥子,ITmedia]

 今回のアクセスランキングは、トップ4に「PRADA Phone by LG」の記事が並んだ。

 海外でリリースしたモデルを日本仕様にカスタマイズしたこの製品は、ワンセグやおサイフケータイにこそ対応していないものの、iモードやiモーション、Music&Videoチャネルに対応するなど、ベーシックなドコモのサービスをしっかりサポートしている。下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピードにも対応するなど、見た目だけでなく機能面も充実した端末に仕上がっている。

 海外端末といえば、ノキアのソフトバンクモバイル端末「X02NK」も注目を集めている。+D Mobileの端末販売ランキングではトップ10入りしていないが、発売初日には売り切れるショップも出るなど、販売は比較的、好調に推移していると見られる。

 PCインターネットのトレンドサービスがモバイル対応に向かい、キャリアが通信・端末の分離プランを導入するなど、変革期を迎えた日本のケータイ市場に登場したこの端末は、オープン性と自由度の高さが評価されているようだ。

 X02NKのプレス向け説明会に登場したノキア・ジャパンのタイラー・マクギー社長は、「今後もますます、(日本市場に)いろいろな端末を提供しようと考えている」と話しており、これから登場するラインアップに期待したい。

 ノキア端末といえば個性的なデザインが特徴で、これまでにもユニークな形の端末を多数リリースしている。日本市場向けにも2004年に、木の葉のような形の「Nokia 7600」を投入してユーザーを驚かせたが、最近では、比較的スタンダードなモデルの投入が続いている。

Photo 葉っぱのような形の「Nokia 7600」

 日本の携帯市場も“デザイン重視”があたりまえになってきたところで、そろそろ「8800 Sirocco Edition」や「Nokia 7380」のような、個性派端末を投入してほしいと思うのは筆者だけだろうか。日本市場でも、もっと“デザインのノキア”を主張してほしいと思うのだ。

sa_noki02.jpgPhoto 「Nokia 8800」は3G版が登場しているので、登場を期待したいところ。「Nokia 7380」は残念ながら3Gモデルは登場していない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.