調査リポート
» 2008年05月16日 12時13分 UPDATE

業務でモバイル、40代はノートPC、20代はスマートフォン――モバイルコンピューティングの利用動向

モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが、モバイル機器やネットワークの利用状況に関する調査結果を発表。モバイル機器を利用するビジネスユーザーを対象に調査したもので、世代によって利用する機器に異なる傾向が見られる。

[ITmedia]

 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)は5月14日、モバイル機器やネットワークの利用状況に関する調査結果を発表した。調査はノートPCや携帯電話、スマートフォンを業務に活用しているビジネスユーザーを対象に、1月23日から31日にかけて実施したもの。9877人の回答者から、条件に合致するユーザー350人を抽出して分析を行った。

 同調査によれば、モバイル機器ユーザーは外出頻度が高い男性に多く、中でもスマートフォンユーザーはアーリーアダプター的特性が見られるという。ノートPCを社外で業務利用する人は40代が多く、スマートフォンを業務使用する人は20代が多かった。

 エンドユーザーのセキュリティ対策については、企業規模により大きな差が見られた。またいずれのモバイル聞きでも、通信速度に関する不満が高く、そのほかノートPCでは機器の重さや使用場所が限られること、携帯電話、スマートフォンではキーボードなどの使いにくさを挙げる声も多かった。

 モバイル機器を利用していないケースでは、「該当業務がない」ことが理由のトップとなっているが、セキュリティと会社規定を阻害要因とする声も3割近くあった。

 同調査報告書および集計データは、MCPC会員を対象にWeb上で公開している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.