ニュース
» 2008年05月16日 16時51分 公開

「9(nine)」「9(nine)+」用の最新アップデータ公開

ケーイーエスが、ウィルコム向けPHS端末「9(nine)」「9(nine)+」用の最新バージョンアップソフトを公開した。マナーモード設定時の充電中に、着信鳴動をするかしないかを設定できるようになる。

[平賀洋一,ITmedia]

 ケーイーエスは、ウィルコム向けストレートW-SIM端末「9(nine)」と「9(nine)+」用の最新バージョンアップソフトを公開した。

photo 9(nine)

 最新ファームウェアのバージョンは、9(nine)が「V107」、9(nine)+が「V104」。端末をアップデートすると、充電器で充電中に着信した際、マナーモード設定時であっても「鳴動する」「鳴動しない」「各音量設定に従う」という3パターンから選択できるようになる。

 アップデートには、9(nine)または9(nine)+用のUSBドライバーがインストールされたPCが必要。修正ソフトのファイル容量は約12.1〜約12.8Mバイト、対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista(Home Basic、Home Premium)でHDDに40Mバイト以上の空き容量が必要になる。

関連キーワード

9(nine) | ウィルコム | 9(nine)+ | PHS | W-SIM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう