ニュース
» 2008年05月16日 17時38分 UPDATE

一部の大量データ通信利用者の通信速度を制限――KDDIがEZwebで試験的に

KDDIはネットワーク資源の公平性確保を目的に、一部の大量データ通信利用者の通信速度を試験的に制限する。対象となる利用者のEZwebの通信速度は、3割から5割程度しぼられるという。

[ITmedia]

 KDDIは5月16日、ネットワーク資源の公平性確保を目的に、一部の大量データ通信利用者の通信速度を試験的に制限すると発表した。制限は5月26日から6月30日までの21時から翌1時までの時間帯で実施する。

 通信制限の対象となるのは、3月の月間データ通信量が300万パケット以上かつ、21時から翌1時までの時間帯に、ネットワーク設備に影響するおそれがあるとKDDIが判断する通信を行ったユーザー。KDDIによれば300万パケットは、着うたフル250曲から300曲分のダウンロードに相当するといい、制限の対象となる使い方をするユーザーはauユーザー全体の1.5%から2%程度と見ている。

 速度の制限はEZwebへのアクセスや、同サイト経由で行う着うたフルやビデオクリップ、アプリなどのコンテンツのダウンロードが対象となり、PCサイトビューアーやEメール、PC接続によるデータ通信は対象外。制限対象となるユーザーの通信速度は、3割から5割程度しぼられるという。

関連キーワード

KDDI | 着うたフル | パケット | au | EZweb


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.