調査リポート
» 2008年05月21日 08時00分 公開

PCはメルマガ登録、ケータイは友達とのやりとり――利用機器で異なるメールの用途

マイボイスコムがメールの利用動向に関する調査結果を発表。メールアドレス保有数は、PCが2つ、ケータイが1つが最多で、それぞれ主な用途が異なっている。

[ITmedia]

 マイボイスコムは5月20日、メールに関する調査結果を発表した。調査は4月1日から5日まで実施したもので、有効回答数は1万4815件。

 同調査によれば、仕事用およびプライベート用を含めたPCのメールアドレス保有個数は「2個」が28%で最多。以下、「1個」が24%、「3個が22%と続いた。これに対して、携帯電話のメールアドレスは「1個」が83%で最多となり、2位は「2個」で8%にとどまった。

 PCメールの利用目的は、「メールマガジン登録」が75%でトップとなり、以下は「インターネットショッピング」が68%、「友人・知人とのやりとり」が66%、「懸賞登録」が56%と並んだ。携帯電話のメールでは、「友人・知人とのやりとり」が82%、「家族とのやりとり」が76%で上位を占めた。以下は大きく差がつき、「仕事上のやりとり」が29%、「メールマガジン登録」が20%と続いた。

 HTML形式メールについて良いと思う点は、「写真やイラストが入る」が63%で最も多く、以下は「画像があることで、商品などをイメージしやすい」が48%、「内容がわかりやすい」「カラフルな色を楽しめる」がそれぞれ38%となっている。悪いと思う点については、「容量が重く、受信に時間がかかる」が59%で最多。以下は「ウイルス感染が不安」が38%、「メールソフトによって正しく表示されない」が30%。

 PCのメールアドレスを教えたくないシーンは、「掲示板等での書き込み時」が53%、「ネット上など、直接顔を合わせたことのない人に対して」が52%。携帯電話のメールアドレスでは、「ネット上など、直接顔を合わせたことのない人に対して」が57%、「掲示板等での書き込み時」が52%、「Web上での入会・登録手続き」が51%となっている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう