ニュース
» 2008年05月21日 10時46分 UPDATE

ペンで手書きできる電子ペーパー、ワコムとE Inkが開発

ワコムとE Inkは、ワコムのペン技術を使って書き込み入力できる次世代電子ペーパーを共同開発した。

[ITmedia]
photo

 ワコムは5月20日、米E Inkと共同で、ワコムのペン技術を使って書き込み入力できる次世代電子ペーパーを開発したと発表した。E Inkは開発キットを6月から提供する。

 E Inkの電子ペーパーに、ワコムの電磁誘導方式の電子ペンを使って手書き入力できる。開発キット名は「Broadsheet AM300」で、サイズは6インチ。今後、他のサイズも用意する。

 現在の電子ペーパーはコンテンツ閲覧用だが、新ペーパーは電子ペンで自由に書き込むことが可能で、「端末を電子の紙のように利用できるようになる」という。両社で書き込み可能な電子ペーパー技術の普及を目指していく。

関連キーワード

電子ペーパー | E-Ink | ワコム | 手書き


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.