ニュース
» 2008年05月21日 15時19分 UPDATE

衛星携帯用の高出力ソーラー充電器発売

日本デジコムはTHURAYA製衛星携帯専用の高出力ソーラー充電器を発売。電力環境の芳しくない僻地や特殊需要、被災地などへニーズが見込まれ、蛍光灯のみの光でも充電出力を確保する。

[ITmedia]
photo サンレッタforSx

 アラブ・THURAYA製衛星携帯を国内で販売する日本デジコムは5月21日、第2世代THURAYA端末専用の太陽光(ソーラーパネル)充電器「サンレッタforSx」(JDC6.0V855MA)を23日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は2万8000円前後。

 インマルサット衛星を利用した第2世代THURAYA製衛星携帯「SG-2520」は衛星と3バンドGSM/GPRS通信に対応し、カラー液晶ディスプレイ、GPS、130万画素カメラ、SDカードスロットなどを備える。サンレッタforSxは、汎用型ソーラー充電器において難のあったとされる強度と出力性能を解決した専用充電器として開発。多結晶シリコンセルを採用し、蛍光灯のみの光でも充電出力を確保するとともに、晴天時は充電とともに充電器のみの出力で衛星携帯の動作を可能とする。

 動作確認済み機種はTHURAYA製「SG-2520」「SG-2510」。本体サイズは290(高さ)×170(幅)×5(厚さ)ミリ、最大出力5.1ワット(最大出力動作電圧6V、同電流855.0mA)。主に、電力環境の芳しくない僻地や被災地などへの用途を中心に販売。別途、顧客需要に応じたソーラーパネルのカスタマイズ受注も開始する。

関連キーワード

GPS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.