ニュース
» 2008年05月21日 16時19分 UPDATE

ウィルコム、医療用PHSの開発研究会を設立

ウィルコムと健康・医療・福祉分野の情報化プロジェクト「どこカル.ネット」は、医療用PHS端末とサービスについての研究会を6月に立ち上げると発表した。利用者の立場から、新端末とサービスの開発を目指す。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは5月21日、特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センターの健康・医療・福祉分野情報化プロジェクト「どこカル.ネット」と共同で、医療用PHS端末とサービスについての研究会を6月に立ち上げると発表した。

 PHSは携帯電話に比べて低電磁波であり、精密な医療機器などへの影響が少ない。現在、全国約4000以上の医療、福祉機関において通信手段として利用されているという。どこカル.ネットとウィルコムは、医療機関のコミュニケーションの円滑化、情報化を促進し、より質の高い医療を受けられることを目的に、医療従事者と医療分野の有識者で構成するPHS研究会を立ち上げ、新しいPHS端末とサービスを開発する考えだ。

 どこカル.ネットは医療機関の情報化を目的とするプロジェクト。本研究会を主体として立ち上げることで、医師や看護師など実際の利用者の立場に立った端末開発を目指す。また検討の結果は、報告書としてまとめ、各医療機関に向けて広く提案するという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


関連キーワード

医療 | ウィルコム | PHS | 健康


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう