ニュース
» 2008年05月22日 14時37分 公開

次世代PHS、ネットインデックス・NECインフロンティア製端末でスタート――バックボーンはStarent、基地局は京セラ

ウィルコムは、次世代PHS端末とバックボーンの開発ベンダーを公表した。端末はネットインデックスとNECインフロンティア、バックボーンはStarent Networksと共同開発する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは5月22日、2009年のサービス開始を目指す「次世代PHS」の主な端末開発ベンダーと、バックボーンシステムの開発ベンダーを公表した。

 次世代PHSの端末開発では、小型化/低消費電力化など現行PHSの特徴や優位性を継承した開発が重要であり、現行のPHS端末、特にデータカード型端末の開発において高い実績があるネットインデックス、ならびにNECインフロンティアの2社が採用された。

 端末に搭載される次世代PHS用ベースバンドICは、OFDMA技術を持つイスラエルAltair semiconductorと、加Wavesat社/エイビット社らと共同開発する方針だ。Altair semiconductorとWavesatはWiMAX向けチップセットも供給しており、モバイルWiMax向け技術の多くが次世代PHSでも応用できることがうかがえる。また、エイビットはW-SIM開発などPHSの小型集約技術について実績がある。

 ネットインデックス製端末にはAltair semiconductor製の、NECインフロンティア製端末にはWavesat・エイビット製のベースバンドICが採用されるという。

 また、バックボーンシステム開発ベンダーについては米Starent Networksを決定した。同社は、世界各国の主要モバイルオペレーターへパケット通信設備やマルチメディアソリューションの導入実績があり、2.5G/3Gだけでなく4GやWiMAXへの取り組みも行っている。

 なお基地局の開発に関しては、京セラを軸として開発が進められている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう