ニュース
» 2008年05月26日 23時08分 UPDATE

海外でも「iD」決済──6月下旬からグアム・中国で利用可能に

6月中旬以降、ドコモの電子マネー「iD」がグアムと中国で利用可能になる。

[ITmedia]
Photo 海外でのiDの利用イメージ

 NTTドコモは5月26日、後払い電子マネー「iD」が海外でも利用可能になると発表した。6月下旬から順次、グアム、中国(北京、上海)で使えるようになる。

 日本人観光客が多く訪れる地区や空港を中心に、免税店や飲食店などへの展開を予定。中国では7月以降、中国銀聯グループの銀聯商務有限公司とその関連会社との連携で展開する計画で、北京オリンピックから上海万博終了時までの約2年半、試行サービスとして提供する。米国とグアムは6月下旬以降、三井住友カードとグアムセルラーとの連携で展開し、Capricciosa、Planet Hollywood Guam、Tony Roma's、T.G.I. Friday'sといったレストランや、2007年4月にオープンしたホテルのSheraton Laguna Guam Resortなど9店舗でiD決済が可能になる。

 海外利用時には、決済時に現地通貨から日本円への変換を行うため、利用者はその場で日本円での決済額を確認できる。また、国際ローミング対応のおサイフケータイなら、1台で海外でのiモード利用や通話も可能だ。日本の非接触IC電子マネーの海外対応は今回が初となる。

 iDは4月末時点で約708万契約の会員を擁し、約32万台規模の決済端末が導入されている、参画するカード会社は62社。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.