調査リポート
» 2008年05月27日 07時00分 公開

次世代ケータイの開発、期待度トップはシャープ

アイシェアが次世代ケータイに関する意識調査の結果を発表。次世代ケータイの開発に期待するメーカーは、トップがシャープ。2位にはソニー・エリクソン・モバイル、3位にはパナソニック モバイルがランクインした。

[ITmedia]

 アイシェアは5月26日、次世代携帯への意識調査の結果を発表した。調査は同社が提供するサービスの会員を対象に5月23日と24日の両日行ったもので、有効回答数は557人。

 同調査によれば、「次世代携帯が出るとしたら、ついていそうな機能」として最も多くの人が予想しているのは、「インターネット機能強化」で58.0%。これに「拡張機能(ソフトをインストールするなど)」が31.8%、「自由に機能を組み込める」が30.2%で続いた。

 また「次世代携帯端末を作ってくれそうなメーカー」としては、「シャープ」が全体の41.7%とトップ。性別、年代別いずれにおいても1位となった。2位は20代で38.2%とトップに並んだ「ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ」が全体の32.5%、以下「パナソニック モバイルコミュニケーションズ」が28.7%、「NEC」が19.4%と並んでいる。

 なお、次世代携帯に搭載が予測される「拡張性」を持つ「スマートフォン」については、「知っている」としたのは全体の44.3%だった。男性では53.2%と半数を超えたが、女性では32.8%にとどまっており、認知状況は男女で20ポイントほどの差が見られた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう