レビュー
» 2008年05月28日 01時31分 UPDATE

写真で解説する「onefone(N906iL)」 (1/2)

「onefone(N906iL)」は、FOMAハイスピードと無線LANを利用できるデュアルネットワーク端末。ドコモの新サービス「ホームU」に対応しており、理論値54Mbpsの高速パケット通信が利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NEC製の「onefone(N906iL)」(以下、onefone)は、FOMAハイスピード(HSDPA:3.6Mbps)と無線LAN(IEEE802.11a/b/g)に対応したデュアルネットワーク端末。さらに、2つの電話番号とiモードアドレスを持てる2in1や、GSM網を利用する国際ローミングサービスにも対応している。

photophoto 「onefone(N906iL)」。カラーはBROWN、SILVERの2色

 onefoneは「N905i」をベースにした回転2軸ボディ端末。一番の特徴が、ドコモの宅内向け無線LANサービス「ホームU」に対応している点だ(5月27日の記事参照)。ホームUに契約すれば、対応の無線ルータを介して理論値最大54Mbpsの高速パケット通信が利用できる。無線LANを使っているものの、端末とルータ間は認証によってひも付けされており、ブロードバンドを経由してiモードゲートウェイに接続するクローズドなドコモ網として振る舞う。そのため、フルブラウザからオープンインターネットにアクセスできるだけでなく、iモードを利用したドコモ端末向けケータイコンテンツへもアクセス可能だ。ドコモでは、onefoneユーザーに向けて最大50MバイトのホームUユーザー向けiモーションコンテンツを用意している。

 またホームU契約した端末には、IP電話に用いられる「050」番号が付与され、VoIPによる音声通話が可能。ホームU利用の端末同士であれば、月額料金のみの定額通話が可能で、FOMAなど携帯電話回線や一般回線にかけた場合でも約3割引きの通話料金になる。さらに2in1を組み合わせれば、1台でFOMA2番号+IP電話1番号の合計3つの電話番号が利用可能だ。対応無線LANルーターには複数台のonefoneを登録可能で、同時に6台まで利用できる。

 ホームUを接続できる回線は、PPPoEマルチセッションに対応していることが前提のため、現状はNTTグループのフレッツADSL、Bフレッツ、フレッツ光ネクストなどでしかホームUは利用できない。また、ホームUは国内利用を前提としているため、onefoneと対応無線LANルーターを海外のブロードバンドに接続するケースは「想定していない」(ドコモ)という。

 またドコモは、公衆無線LANなどホームU以外のアクセスポイントにonefoneを接続することをサポートしていないため“無線LAN機能を使うにはホームU契約が必須というスタンス”だ。しかし、端末はIEEE802.11a/b/gに準拠しているため、フルブラウザを利用したパケット通信(iモード以外)に関しては、自宅APなどでは可能なようだ。

 気になる無線LAN利用時の待受時間だが、ホームU(無線LAN)のみシングルモードで約330時間、ホームUとFOMAのデュアルモードで約100〜240時間、FOMAのみのシングルモードで約600時間となっている。

 そのほか、AF付き有効約200万画素CMOSカメラ、おサイフケータイ、GPS、iチャネル、バイオ認証、緊急速報「エリアメール」、ビデオクリップ(10Mバイト iモーション)、直感ゲーム(iアプリ)、ミュージックプレーヤー(AAC、WMA、SD-Audio形式)、着うた/着うたフル、うた・ホーダイなどに対応する。

 ワンセグや新サービスのデコメアニメには対応していない。

photophotophoto onefoneの背面(写真=左)、裏面(写真=中央)、ダイヤルキー面(写真=右)。カラーは違うが、デザインはN905iやN906iとほぼ同じ。背面パネルはグラデーションミラー仕上げで、鏡のように自分や背景が映りこむ。裏面は細かなくぼみが連続するディンプル加工を施した。ダイヤルキーは押しやすいPCライクキーを採用、Webアクセス時に便利なニューロポインターも備えた

photo ボディは回転2軸式のため、ディスプレイを表にして折りたためる。ワンセグはないが、カメラやフルブラウザで横画面を活用できる

photophoto 左側面(写真=左)と右側面(写真=右)。サイドキーやスピーカー、通知ランプ、外部メモリスロット(microSD)、充電端子の配置はN905iと同じ。ただ、ディスプレイ側ボディの左側面にあったテレビボタンがなくなった

photophoto 端末の底面(写真=左)とヒンジ部(写真=右)。N905iやN906iにあるワンセグアンテナがない

photophotophoto 「マイプロフィール」で自局番号を確認すると、090で始まる携帯電話番号と(写真=左)、050で始まるIP電話番号が表示される(写真=中央)。待受モードは、FOMA優先のデュアルモードとWLAN(無線LAN)優先のデュアルモード。FOMAのみとWLANのみのシングルモードの4つ(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう