レビュー
» 2008年05月29日 02時28分 公開

写真で解説する「P706iμ」

厚さ9.8ミリの極薄ステンレスボディとその世界観をそのままに、ワンセグを新たに備えて進化した「P706iμ」。ケータイは日用品だが、腕時計や眼鏡、筆記具などとともにワンポイントの“モノ”として携帯できるほどの質感を持つ端末に仕上がった。

[岩城俊介,ITmedia]

 厚さ9.8ミリ、3G折りたたみ世界最薄(2008年5月現在)の極薄ボディにワンセグまで搭載。パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P706iμ」は、2008年春モデルの極薄FOMA「P705iμ」のスタイルをそのままに、ワンセグを搭載して機能強化を果たしたリニューアルモデルだ。

photophoto パナソニック モバイル製の「P706iμ」。カラーは、ほのかに金色が入ったCHAMPAGNE、存在感のある鮮やかなRED、光の当たり具合でブルーにも見えるBLUE BLACKの3色を用意する

 前機種のP705iμはドコモの2008年春モデルの中で、特に携帯にハイエンドの機能はそれほど必要ないと感じるが、所持するものにはこだわりたいと思う男性ビジネスユーザーのニーズを満たす機種としてかなりの人気を得た。3インチのワイドディスプレイやFOMAハイスピード、フルブラウザ、おサイフケータイ、ミュージックプレーヤーなど、905iシリーズに迫る機能を備えていたこともあるが、購入ユーザーの多くはそれ以上にデザインとその質感にも惹かれたのではないだろうか。

 手にした瞬間、その薄さと“ひんやり”するステンレスボディの質感。P706iμは、何ともいえない“モノ感”が得られるその心地よさを、前モデルからしっかり継承する。ボディカラーは今回、RED、CHAMPAGNE、BLUE BLACKの3色で展開。金属素材独特の素材感をストイックに前面に打ち出したP705iμから、遊び心やワンポイントのおしゃれさも感じられる色が採用された。

photophoto フラットになった背面パネル。開けやすいワンプッシュオープンとその薄さゆえ設けた“リブ”も健在。背面のサブディスプレイの代わりにワンセグを搭載した(左)裏面に200万画素AFカメラとモノラル外部スピーカー、FeliCaマークがある(右)
photophoto 本体左側面にワンプッシュオープンボタンとmicroSDスロット(microSDHCにも対応)、右側面に上下/メモ・マナーキーを備える
photophoto 本体底面に充電/通信端子、本体上面右側にストラップホールを設ける

 デザインにおいてP705iμとやや印象の異なる背面パネルは、サブディスプレイとその周囲の立体加工を省き、凹凸のない平滑面になった。ヘアライン加工を施したボディの中央に1本の光沢のあるラインアクセントを設け、通知LEDやレーザー刻印のワンポイントを配置する。ワンセグはサブディスプレイのあった箇所に設けたようで、アンテナはデザインを崩さずに済む内蔵型となっている。「P705i」やauの「W61P」などに採用した、ボディ内の金属フレームをアンテナとするノウハウがP706iμへのワンセグ搭載に多いに活かされたといえそうだ。

photo  
photophoto P705iμと比較。顔つきと受ける印象は意外に違う。裏面はまったく同じだ

 ソフトウェアそのものはワンセグ機能がある以外はおおむね同一。おサイフケータイやFOMAハイスピード、ビデオクリップや着うたフルのダウンロード、Music&Videoチャネル、フルブラウザによるWMV動画のストリーミング再生などの機能を搭載する。

 メニューデザインは、P705iμと同じくデザインユニット TGB design.とのコラボレーションによる新デザインを内蔵する。カラーに合わせた上質感とモーショングラフィックスを多用した“動き”のある画面テーマとともに、強く印象に残るサウンドテーマも含めて一新したという。

photophoto
photophoto
photophoto
photophoto TGB design.とのコラボレーションによるメニューインタフェースと待受Flashデータ
photophoto ワンセグは、P705iとほぼ同じ機能。フレーム補間の「モバイルWスピード」は備えないが、VIERAの映像高画質化技術「モバイルPEAKSプロセッサー」を搭載し、連続約3.5時間ほど視聴できる
「P706iμ」の主なスペック
機種名 P706iμ
メーカー パナソニック モバイルコミュニケーションズ
ボディ形状 折りたたみ
本体サイズ(幅×長さ×厚さ) 109×50×9.8ミリ
重量 約101グラム
連続待受時間(3G) 約440時間
連続待受時間(GSM)
連続通話時間(3G) 約150分
連続通話時間(GSM)
連続テレビ電話時間 約100分
メインディスプレイ 3インチフルワイドQVGA液晶(240×427ピクセル) 26万2144色
サブディスプレイ
メインカメラ 200万画素CMOS
AF
サブカメラ
外部メモリ(動作確認済み最大容量) microSD(2Gバイト)、microSDHC(8Gバイト)
ダイヤルキー以外の入力・操作デバイス
Music&Videoチャネル
ビデオクリップ(10Mバイトiモーション)
ワンセグ
Flashバージョン Flash Lite 3.0
Flashバージョンフルブラウザ対応
Windows Media Video
動画・画像2Mバイトアップロード
FOMAハイスピード ○(3.6Mbps)
ポケットU
ホームU
デコメアニメ/デコメピクチャのFlash 対応
2in1
着もじ
プッシュトーク
WORLD WING ○(3G)
しゃべって翻訳プリイン
DCMX/iDアプリプリイン
iCお引っこしサービス
着うたフル ○(うた・ホーダイ対応)
ミュージックプレーヤー ○(WMA、SD-Audio)
直感ゲーム ○(“しゃべる”操作対応)
メガゲーム
GPS
地図アプリプリインストール ○(災害時地図アプリ対応)
モバイルGoogleマップ プリイン
ケータイお探しサービス
電話帳お預かりサービス
おまかせロック
バイオ認証
緊急通報「エリアメール」
シンプルメニュー・拡大メニュー
拡大もじ
ダイレクトメニュー
通話機能
iチャネル
ドキュメントビューア
ソフトウェアアップデート ○(自動更新対応)
カラー RED、CHAMPAGNE、BLUE BLACK
発売日(5月27日現在) 2008年7月〜8月予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう