調査リポート
» 2008年05月30日 07時00分 UPDATE

Second Lifeユーザー、ケータイの利用実態は

モバイルファクトリーが『Second Life』ユーザーの携帯電話の利用実態に関する調査結果を発表。携帯版に求めるのは「コミュニケーション」がトップで、音声チャットを希望するユーザが多い。

[ITmedia]

 モバイルファクトリーは5月29日、仮想世界『Second Life』内でユーザーの動向、趣向を調査するサービス“SL:Research”で行った、「セカンドライフユーザーの携帯電話の利用状況調査」の結果を発表した。

 SL:ResearchはSecond Life内の同社SIMにある施設でアンケートを取り、ユーザーの回答結果を企業、メディアに提供するサービス。今回の調査は2007年12月27日から2008年1月31日まで、日本語のアンケートに回答可能なSecond Lifeユーザーを対象に行ったもので、有効回答数は480人。

 同調査によれば、毎月の携帯電話の利用料金は、「3千円〜1万円未満」という回答が55%で最多となり、18%の「3千円未満」と合わせると、1万円未満という回答が70%を超える結果となった。

 携帯電話での商品購入の頻度は「購入したことがない」が71%でトップ。「よく購入する」は7%にとどまった。携帯電話の利用目的は、「仕事とプライベート」が35%。「仕事」「主に仕事」は合わせて15%と、「プライベート」「主にプライベート」の合計45%を大きく下回っている。

 携帯電話版Second Lifeに求めるのは「コミュニケーション」という回答が68%で最多となり、求める機能は「音声チャット」が46%でトップ。「着メロダウンロード」「動画ダウンロード」はそれぞれ27%でこれに続いた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.