調査リポート
» 2008年06月02日 07時00分 UPDATE

子供のインターネット利用は“保護者が判断すべき”――ヤフー調べ

ヤフーが子供のインターネット利用に関する意識調査の結果を発表。子供のケータイ利用で不安を感じることのトップは「料金」で、「コミュニケーション上のトラブル」がこれに続く。

[ITmedia]

 ヤフーは5月30日、子供のインターネット利用に関する意識調査の結果を発表した。調査は5月12日から同16日まで、全国の小学生から大学生までの保護者3200人を対象に行ったもの。

 同調査によれば、子供に携帯電話を利用させるにあたって不安を感じていることは、「長時間の利用により、利用料金がかさむこと」という回答が51.3%で最多。これに「誹謗・中傷などコミュニケーション上のトラブルに巻き込まれること」が46.3%、「有害な情報を見てしまうこと」が44.1%で続いた。

 また、子供のインターネット利用については、「利用時間や、やって良いことと悪いことについてなどのルールを決めておく」べきだと回答した保護者は55.6%、「保護者が子供の様子を観察し、異変があればそのつど適切に対応する」のが良いと考える保護者が50.1%、「学校や、その他教育機関でインターネットについての教育をした方がよい」とする保護者が33.6%だった。

 また、望ましい政府の対応については、「政府が、学校などでのインターネット教育の充実をさせた方がよい」が46.8%、「政府ではなく、子供の育成に合ったサービスは保護者が判断した方がよい」が43.3%、「政府によって、一律で規制すべきである」が23.8%と並んだ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう