レビュー
» 2008年06月02日 22時47分 UPDATE

写真で解説する「P706ie」

P705iの“かなり高機能なスリムワンセグ”という特徴を継承しながら、“あんしん・見やすい・使いやすい”機能も追加した「P706ie」。携帯に高いスペックと上質なデザイン、そして見やすさ・使いやすさを両立して望む“オトナ”のユーザーに薦められる端末に仕上げた。

[坪山博貴,ITmedia]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P706ie」は、2008年春モデル「705シリーズ」の中でかなりのハイスペックな機種だった「P705i」の後継モデルというイメージで登場する。

photophoto パナソニック モバイル製の「P706ie」。Black、Silver、Lavenderの3色を用意する。P705iと比べると、やや落ち着いたカラーバリエーションになった。ターゲットをやや高めに設定したことが伺える。ディスプレイはかなり大型の3インチフルワイドQVGA液晶を採用する

 “ie”モデルとしたことで、絶対的なスリムさより使い勝手を重視する端末として展開するようだが、P705iの“スリムワンセグ”という特徴はやはり継承している。

 基本スペックもP705iがベースになっていると思われ、70xiシリーズとしてはかなり高い性能を持つ端末である点はそれほど変わらない。3インチのフルワイドQVGA(240×427ピクセル)ディスプレイやフレーム補間技術“モバイルWスピード”搭載のワンセグ、WMA/SD-Audioにも対応するほぼフルスペックのミュージックプレーヤー機能、おサイフケータイ、フルブラウザ、ワンプッシュオープンボタンなどを搭載。2in1やFOMAハイスピード、WORLD WING(3G)などのサービスにも対応する。

 主要機能で非対応となるのは、GPSとプッシュトーク、インカメラを備えないなどが挙げられる(インカメラなしでもアバターデータを表示させるなど、テレビ電話そのものは利用できる)。

photophoto 裏面に200万画素のAFカメラ。FeliCaマークも裏面にある(左)。ダイヤルキーは押す感触がしっかり得られる独立型キー。一番下に[マルチ/文字サイズ]キーがある。短押しでタスク切り替え、長押しすると文字サイズを切り替えられる
photophoto 本体右側面にワンプッシュオープンボタンとmicroSD/microSDHCスロット。左側面に上/下兼メモ・マナーキーとストラップホールを備える。背面パネルを緩やかにふくらますことで“優しさ”を感じさせるデザインを目指したという
photophoto 本体底面に赤外線ポートと充電/通信/イヤフォン端子がある。一般的なイヤフォンは通信端子−ステレオピンジャック変換アダプタなどを用いて接続できる

photophoto P905iのフルワイドVGAディスプレイとP706ieのフルワイドQVGAの表示を比較。スペック上では解像度に違いはあるが、iモードの閲覧やメニュー操作などにおいては情報量は同等
photo ダイヤルキーは上下のキーピッチがかなり広く確保され、余裕のある配置となっている。また、ボタン上の文字もはっきりと見やすい

 新たな“使いやすさ”のための機能として、全体の文字サイズをワンタッチで変更できる機能を新たに備えた。[マルチ/文字サイズ]キーの長押しで文字サイズを気軽に変更できるようになっている。メニューからたどることなく変更できるので、なかなか便利だ。文字サイズには「標準」「拡大」「特大」が準備される

photophotophoto 文字サイズ「標準」の場合
photophotophoto 「拡大」の場合
photophotophoto 「特大」の場合

 なお、文字サイズを気軽に変更できるようになった以外に、メニュー画面などにおいては、一覧性を損ねない形でできるだけ大きく文字を表示するような工夫の跡も見られる。利用頻度の高い機能に絞り込んだシンプルメニューも備わる。

photo
photophoto メニュー構成をP905i(右)と比較。メニューの表示項目数は同じだが、文字がP706ieの方が文字が大きく見やすい印象。上下スクロールだけでシンプルに選択できるシンプルメニューも用意する
「P706iμ」の主なスペック
機種名 P706iμ
メーカー パナソニック モバイルコミュニケーションズ
ボディ形状 折りたたみ
本体サイズ(幅×長さ×厚さ) 109×49×15.9ミリ
重量 約105グラム
連続待受時間(3G) 約570時間
連続待受時間(GSM)
連続通話時間(3G) 約190分
連続通話時間(GSM)
連続テレビ電話時間 約130分
メインディスプレイ 3インチフルワイドQVGA液晶(240×427ピクセル) 26万2144色
サブディスプレイ 0.8インチ(96×25ピクセル)1色有機EL
メインカメラ 200万画素CMOS
AF
サブカメラ
外部メモリ(動作確認済み最大容量) microSD(2Gバイト)、microSDHC(8Gバイト)
ダイヤルキー以外の入力・操作デバイス
Music&Videoチャネル
ビデオクリップ(10Mバイトiモーション)
ワンセグ
Flashバージョン Flash Lite 3.0
Flashバージョンフルブラウザ対応
Windows Media Video
動画・画像2Mバイトアップロード ○(フルブラウザは非対応)
FOMAハイスピード ○(3.6Mbps)
ポケットU ○(文書ファイル閲覧不可)
ホームU
デコメアニメ/デコメピクチャのFlash 対応
2in1
着もじ
プッシュトーク
WORLD WING ○(3G)
しゃべって翻訳プリイン
DCMX/iDアプリプリイン ○(DCMXアプリ単体で設定可能)
iCお引っこしサービス
着うたフル ○(うた・ホーダイ対応)
ミュージックプレーヤー ○(WMA、SD-Audio)
直感ゲーム ○(“しゃべる”操作対応)
メガゲーム
GPS
地図アプリプリインストール ○(災害時地図アプリ対応)
モバイルGoogleマップ プリイン
ケータイお探しサービス
電話帳お預かりサービス
おまかせロック
バイオ認証
緊急通報「エリアメール」
シンプルメニュー・拡大メニュー
拡大もじ
ダイレクトメニュー
使いやすさのための通話機能 しっかりトーク、ゆったりトーク、ハイリーク対応レシーバ
iチャネル
ドキュメントビューア
ソフトウェアアップデート ○(自動更新対応)
カラー RED、CHAMPAGNE、BLUE BLACK
発売日(5月27日現在) 2008年7月予定

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.