PR
Special
2008年06月03日 10時00分 更新

第1回 日本のケータイユーザーのことを考えた、新たな“タッチ”の操作感──「SH906i」の魅力 (1/2)

さまざまな機能を融合し、より高機能、高性能に進化する携帯電話。その携帯電話の操作性に楽しさと快適さをもたらすのが、「SH906i」が新たに搭載したタッチパネルと光TOUCH CRUISERだ。
PhotoPhoto シャープは、従来の携帯電話の使いやすさと、タッチパネルというデバイスの直感的な分かりやすさを融合し、タッチパネルと光TOUCH CRUISERを搭載した「SH906i」を開発した

 番号をダイヤルして電話をかけるという単純な“電話機”から、カメラやワンセグ、GPS、フルブラウザといったさまざまな機能を融合し、進化を続ける携帯電話。その進化の過程で端末メーカーは、多くの機能をより便利に、快適に使えるよう、多種多様なユーザーインタフェースを考案し、その時々の携帯電話の利用スタイルに合わせた使いやすさをユーザーに提供してきた。

 ディスプレイに直接触れて操作できるタッチパネルも、携帯電話向けに応用されたインタフェースの1つだ。タッチパネルディスプレイには、画面に表示されたものを直感的に操作できる利点に加え、機能やユーザーに合わせて表示する文字やボタン類を適宜変更できるという特徴があり、幅広いユーザーに快適な操作性を提供するデバイスとして注目されている。ただ、たくさんの文字を入力したい場合などには、キーを使った方がスムーズに入力できるケースもある。メールでのコミュニケーションを活発に行う日本のユーザーにとっては、ダイヤルキーもまた、欠かせないインタフェースだ。

 そこでシャープはSH906iに、日本のケータイユーザーが慣れ親しんだダイヤルキーや十字キーを搭載して縦画面での快適な操作を確保しつつ、直感的なタッチ操作が可能なタッチパネルと専用のグラフィカルなメニューも搭載して、横画面で利用する楽しさを付け加え、それぞれを使いやすくした。

ビューアポジションにすると「タッチメニュー」が起動

 SH906iは、端末を開き、ダイヤルキーが出ている状態では、テレビ電話中と手書き認証入力時をのぞいてタッチパネルがアクティブにならず、一般的な折りたたみ型携帯電話のように操作できる。メールを打つときなどは、ダイヤルキーと十字キー、ソフトキーを駆使してすばやい文字の入力が可能だ。ダイヤルキーとソフトキーの表面には、指のかかりがいいように段差が設けられており、物理キーならではのブラインドタッチも可能だ。

 一方2軸のヒンジを回して、ディスプレイを表にして折りたたむとビューアポジションになり、タッチパネルが利用可能になる。この状態ではキーがディスプレイの裏に隠れてしまうが、タッチパネルがあるためその状態でも快適に操作できるわけだ。ビューアポジションでは横向きの専用メニュー「タッチメニュー」が表示され、大きめのアイコンを指で触って操作できる。画面にタッチすると操作音が出るほか、バイブレーターが軽く振動するので、入力動作が認識されているかどうかも確認できる。

PhotoPhoto SH906iのディスプレイを表にして折りたたむと、専用の「タッチメニュー」が起動し、タッチパネルが利用可能になる

 ビューアポジションでは、フルブラウザ、ワンセグ、カメラ、メール、マンガ・ブックリーダー、データBOXの6つの機能がサポートされており、いずれも“見る”操作が中心となっているのが特徴だ。これらの機能は画面をタッチする、あるいは指を画面上で上下や左右にスライドさせて利用する。

 フルブラウザは、あらかじめ登録してあるBookmarkの中からWebページを選択して表示できる。URLを入力したい場合はキーを使う必要があるが、よくチェックするページを巡回する際などには、タッチ操作だけで十分事足りる。ちなみにHomeページにはGoogleがセットされているので、ここからもさまざまな情報にアクセスできる。ニュースや画像を検索してもいい。

PhotoPhoto タッチメニューからフルブラウザを選ぶと、HomeページかBookmarkが開ける。URLを直接入力することはできないが、Bookmarkしたページにならすぐにアクセスできる

 ワンセグは、その名のとおりワンセグが視聴できるモード。ディスプレイを横向きにして、フルワイドVGA(480×854ピクセル)の画面でテレビを楽しみながら、タッチパネル上で指を上下に動かすとボリュームの調整、左右に動かすとチャンネルの切り替えができる。チャンネル切り替え時には、それまで映っていた映像が静止画になって横に流れていく演出が楽しめる。また放送中のすべての番組を静止画で表示し、好みのチャンネルに切り替える「チャンネルビュー」機能なども用意されている。

PhotoPhoto ワンセグ起動時は、タッチパネル上で指を上下に動かすとボリュームの上げ下げ、左右に動かすとチャンネルの切り替えができる。チャンネルを変えると、今まで見ていた映像が静止画になって切り替えた方向に(指を動かした方向)に流れていく

 もともとビューアポジションで利用することが多いカメラ機能では、タッチパネルによりAFモードやホワイトバランス、撮影サイズ、ズーム、明るさ、手ブレ補正のオン/オフなどの設定が簡単に変更可能。またファインダーがタッチパネルになったことで、スポットAF時にピントを合わせたい場所をタッチで選べたり、顔AFで複数の顔を認識した際に、ピントを合わせたい顔を選べたり、画面上で指をスライドさせてズーム倍率を切り替えられたりして便利だ。

PhotoPhoto カメラ利用時は、タッチパネルがファインダーになるため、なかなか面白い使い方ができる。撮影中に画面をタッチするとメニューを呼び出せ、設定の変更ができるほか、Spot AF機能では、画面上の9点の中から任意の1点を指でタッチすると、AFポイントに指定できる

 撮影した写真を閲覧する際にも、タッチパネルが活躍する。タッチメニューからデータBOXを選ぶと、マイピクチャ/iモーション/ワンセグフォルダにアクセスでき、保存されているデータが開ける。内蔵メモリとmicroSDはワンタッチで切り替え可能だ。

 SH906iで撮った写真はマイピクチャのカメラフォルダに保存されており、フォルダを開くと写真がサムネイルで表示される。サムネイルは2回タッチすることで全画面表示ができる。全画面表示した写真は、指を左右にスライドさせることで次の写真に切り替えられ、はらりとページをめくるようなエフェクトとともに次の写真が表示される。

 ちなみにワンセグの録画データやダウンロードしたiモーションなどもこのデータBOXから参照できる。映像データはカーソルを合わせるとコマ送りのような表示で簡易的に再生してくれるので、開く前に内容が確認できて便利だ(ただし一部簡易再生ができない映像データもある)。

PhotoPhoto データBOXではマイピクチャ、iモーション、ワンセグフォルダが閲覧可能。写真や動画、録画ファイルなどを簡単に呼び出して画面に表示できる
PhotoPhoto 写真を表示中にタッチパネルで右から左、あるいは左から右に指を動かすと、写真をめくるようなエフェクトを表示してから、次の写真が表示される

 マンガ・ブックリーダーを選ぶと、XMDF形式のコミックコンテンツや書籍が閲覧できる。こちらも画面上で指を上下や左右に動かすことでページをめくることが可能。本をぱらぱらめくる感覚でコンテンツが楽しめる。

 メール機能では、受信BOXや送信BOX、未送信BOXの中身を確認できる。また、見るだけでなく、新規メールの作成も可能になっているが、これはBluetoothキーボードを接続して利用するためのもの。タッチパネルだけでメールが作成できるわけではない。Bluetoothキーボードを活用したメールの作成方法は、あらためて別途紹介する予定だ。

PhotoPhoto マンガ・ブックリーダーを開くと、XMDF形式のコミックコンテンツや辞書、書籍などが閲覧できる。ページをめくる操作は、タッチパネルを上下もしくは左右になぞればできる。メールメニューでは、メールの閲覧のほかに新規作成も選べるが、こちらはBluetoothキーボードがないと利用できない
       1|2 次のページへ

[PR/ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2008年6月30日

キャンペーン



FOMA SH906iをご購入いただいた方を対象に、抽選で合計300名様にプレゼント!
Aコース(250名):大容量2GバイトmicroSDメモリーカード(SDカード変換アダプタ付属)
Bコース(50名):アイ・オー・データ機器製ワイヤレスキーボード

※Aコース、Bコースどちらかをお選びください。
応募期間:2008年7月31日まで。