ニュース
» 2008年06月03日 11時18分 UPDATE

シャープのKCP+は回転2軸ボディに3インチフルワイドVGA液晶搭載──「W62SH」

auの2008年夏モデルとして投入されるシャープの「W62SH」は、2007年夏モデルとして登場し、ロングセラーとなったスタンダード端末「W52SH」のイメージを踏襲したスリムな回転2軸端末だ。

[園部修,ITmedia]

 シャープ初のKCP+端末「W62SH」は、2007年の大ヒット端末「W52SH」の進化版といえる回転2軸ボディのWIN端末だ。

photo

photophotophoto

sa_sh01.jpgsa_sh02.jpg

 メインディスプレイは、WIN端末の中でもトップクラスの3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶を採用し、他キャリア向けのシャープ製端末と遜色ない表示能力を実現。ワンセグなどのワイド映像を、16:9のフルワイド画面で楽しめる。また上下左右4方向からののぞき見を防ぐ新ベールビューも搭載した。

 ディスプレイの周囲には銀色の縁取りを施してあり、W52SHのイメージを踏襲するが、よく見ると縁取りの横の部分がローレット仕上げになっている。また背面は光の当たり方で輝きが変わるガラスフレーク塗装を採用し、上質感を演出する。WINのロゴ部分にもローレット模様が入っており、こちらは着信時などに光るイルミネーションも兼ねている。厚さは、W52SHの17.6ミリからさらに薄くなり、最薄部で15.8ミリになった。

 このほかBluetoothとFMトランスミッターを搭載し、LISMOの音楽やFMラジオ、ワンセグの音声などをワイヤレスで楽しめる。BluetoothはA2DPやAVRCPプロファイルをサポートしており、市販のBluetoothヘッドセットなどが利用可能。FMトランスミッターを使えばカーステレオやミニコンポなどのFMラジオを経由した楽曲再生ができる。

 また本機はEZ FeliCaを搭載しており、おサイフケータイを使った各種サービスが利用可能。新サービスLISMO Videoに対応し、LISMO Video Storeから長編動画を入手して楽しめるほか、au Smart Sports Run&Walk、EZナビウォークなど、auケータイならではのサービスにも対応した。もちろんKCP+端末でサポートされているマルチプレイウィンドウやau oneガジェットなども利用できる。

「W62SH」の主な仕様
機種名 W62SH
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×110×15.8ミリ
重さ 約128グラム
連続通話時間 約250分
連続待受時間 約260時間
メインディスプレイ 約3インチ フルワイドVGA(480×854ピクセル) NewモバイルASV液晶
サブディスプレイ
アウトカメラ AF付き有効約320万画素
インカメラ
外部メモリ microSD(別売り)
主な対応サービス・機能 LISMO VIDEO、au Smart Sports「Run&Walk」、ワンセグ、LISMOビデオクリップ、au oneメール、オープンアプリプレイヤー、赤外線通信、Bluetooth、EZ FeliCa、EZナビウォーク、EZ・FM、FMトランスミッター ほか
ボディカラー ロイヤルパープル、パールホワイト、アンティークゴールド

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.