速報
» 2008年06月05日 23時55分 UPDATE

アクロディアの「VIVID Avatar Maker」、富士通の「F906i」に搭載

[ITmedia]

 アクロディアは6月5日、エイタロウソフトと共同開発した「VIVID Avatar Maker」が、NTTドコモの携帯電話“F906i”に、iアプリの『アバターメーカー for F』として搭載されたことを発表した。

 アバターメーカー for Fは、VIVID Avatar Makerをベースにしたソリューション。ユーザーが撮影した写真やデータフォルダ内にある画像データを元に、容易に似顔絵アバターを作成できる。アバターデータをデコメールの素材や絵文字素材、Flash素材としてGIFファイルで書き出すことができ、ゲームキャラクターやキャラクターUIとして使用可能だ。

 また同日、アクロディアは同社の開発した「VIVID UI」と「VIVID Movie」が、KDDIの2008年au夏モデルである日立製作所製の“WoooケータイW62H”、シャープ製の“W62SH”、京セラ製の“W63SA”、東芝製の“Sportio”、カシオ計算機製の“G'zOne W62CA”、京セラ製の“W64SA”、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の“フルチェンケータイre W63S”、東芝製の“W62T”に搭載されたことを発表した。

 2007年8月に発表した包括ライセンスにより、アクロディアのVIVID UIとVIVID MovieはKDDIから端末メーカーへサブライセンスする形で提供されており、2007年秋冬モデルに引き続き、2008年夏モデル8機種に展開された。KDDI統合プラットフォーム『KCP+』にVIVID UIとVIVID Movieが組み込まれることで、メーカーは3DやFlashコンテンツなどを使って、多彩なユーザーインタフェースを効率よく作成できるという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう