レビュー
» 2008年06月12日 01時48分 UPDATE

もっと写真と動画で解説する「W63SA」

CDMA圏の海外で通話やメール、Webを利用できる、KCP+対応のグローバルパスポート端末として登場したのが京セラのSANYOブランド端末「W63SA」。“自分なりの価値観を持つ人”をターゲットとするこの端末を、写真と動画で紹介する。

[後藤祥子,ITmedia]

 京セラ製のSANYOブランド端末「W63SA」は、CDMA圏の海外で通話やメール、Webを利用できるKCP+対応のグローバルパスポート端末。WIN端末初のグローバルパスポートCDMA対応モデルということで、デザインや機能にこだわって開発された。

 「自分なりの価値観を持つ人」をターゲットとするこの端末を、写真と動画で紹介しよう。

「自分なりの価値観を持つ人に」――待受画面や十字キーにもこだわり

 「モノに対して、自分なりの価値観を持つ人に向けた端末なので、素材感や金属の質感にこだわりました」――。企画に携わった京セラ 通信機器事業本部の横田希氏がこう話す通り、W63SAのデザインにはさまざまなこだわりがある。「モノにこだわりを持つ人をターゲットとしているので、AV機器やカメラなど、高級感のあるさまざまなプロダクトから高い質感を出すためのヒントを得ています」

 一見して分かるこだわりが、ボディのカラーリングだ。ビジネス、プライベートのいずれのシーンでも違和感なく使えるインプレシブレッド、リジッドシルバー、グリティーブラックの3色をラインアップし、一見、派手に見えるインプレシブレッドも深い色合いにすることで、落ち着いた雰囲気に仕上げている。

 端末の見た目を左右する塗装もこだわっており、リジッドシルバーには高輝度シルバー塗装を採用。アルミの粒子が整然と並ぶよう塗装することで、質感の高いシルバーを表現している。インプレシブレッドは奥行きのある赤に仕上げるために、1層目にピンクメタリック、2層目にクリアな高彩度の赤、3層目にUV塗装を重ねたスリーコートのピアノ塗装を採用。これまでにない触感と質感を持つグリティブラックは、業界初のマットブラック塗装を採用し、アスファルトのようなざらついた質感を実現した。

sa_sa13.jpgsa_sa12.jpgPhoto ボディカラーはリジッドシルバー、グリティーブラック、インプレシブレッドの3色。赤は深みのある色に、黒はアスファルトを思わせる質感に仕上げた

 十字キーに採用したアルミパーツにはダブルアルマイト加工を施すことで、同じアルミ素材ながら異なる質感を表現。色の付いたアルマイト加工を施したあとに削りだして再びアルミ層を出し、クリアなアルマイト加工を施すことで、アルミカラーのリング部分がより映えるようにした。

 また、ダイヤルキーを取り巻くフレーム部は不連続蒸着仕上げを適用。ヘアラインを入れたあとに不連続蒸着塗装を行うことで質感を高めた。「ヘアラインを入れたあとに蒸着するとラインの目が埋まってしまうので、このラインをきれいに出すのは難しかった」と横田氏は振り返る。

sa_sa04.jpgsa_sa11.jpgPhoto 十字キーと決定キーにアルミを採用。十字キーにはダブルアルマイト加工を施すことで、シルバーのリング部分がより映えるようにした(左、中)。ダイヤルキーを取り巻くフレームはヘアライン加工の上に不連続蒸着塗装している

Photo 待受画面にもカメラや地球儀、時計の歯車など、高級感のある製品をあしらった


sa_sa06.jpgsa_sa08.jpgPhoto 独特な質感と触感を持つグリティーブラック

今やSANYOブランド端末のお家芸――6種類から選べる「イルミキー」

 SANYOブランド端末の特徴の1つともいえるのが、ダイヤルキー部が光ってメールや通話の着信を知らせる「イルミキー」。W63SAでもこの機能は健在で、6種のイルミパターンがプリセットされる。

  • ↓W63SAのキーイルミ(1)

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

  • ↓W63SAのキーイルミ(2)

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

  • ↓W63SAのキーイルミ(3)

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

  • ↓ディスプレイ下部にある着信イルミ

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

海外利用時の便利機能は「グローバル機能」からアクセス

 海外に持ち出してそのまま使える端末は、渡航先で使えるようにする設定のしやすさが気になるところ。W63SAは、海外利用時に役立つ機能をまとめた「グローバル機能」に、メニューのトップからアクセスできる。海外利用時の設定変更もこのメニュー内にある「エリア設定」から行え、ここで「海外」を選ぶだけで使えるようになる。

sa_sa14.jpgPhoto PRL情報は自動取得モードも用意されるが、渡航前に手動で取得することを推奨している

sa_sa16.jpgsa_sa17.jpgPhoto 渡航先に着いたら、「グローバル機能」内の「エリア設定」を「海外」に切り替える

sa_sa19.jpgsa_sa20.jpgPhoto 端末内には渡航先の時差や通貨、エリアナンバーが分かる国際エリア情報がプリセットされる(左、中)。待受画面には日本と渡航先の日時を表示可能(右)

sa_sa22.jpgPhoto 電卓はチップ計算と外貨換算機能を装備。左上ソフトキーを押すと機能する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.