ニュース
» 2008年06月13日 15時36分 UPDATE

ドコモも月額980円──「タイプSS バリュー」の基本使用料を改定

NTTドコモは6月13日、バリューコース向けの料金プラン「タイプSS バリュー」と2in1用の「タイプSS 2in1」の基本使用料を1957円に値下げすると発表した。ファミ割MAX50やひとりでも割50を適用すると、月額980円でホワイトプランと同額になる。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモは6月13日、新販売方式「バリューコース」向けの料金プラン「タイプSS バリュー」の基本使用料を7月1日から値下げすると発表した。現状月額2100円のところを、月額1957円とする。合わせて2in1用の同等の料金プラン「タイプSS 2in1」についても、月額2100円から月額1957円へと143円の値下げを行う。

 新たなタイプSS バリューやタイプSS 2in1では、「ファミ割MAX50」や「ひとりでも割50」などの、2年契約で基本料金が半額になる割引サービスに加入すれば、基本料金をソフトバンクモバイルのホワイトプラン同様、月額980円にすることが可能だ。

 バリュープランは、端末を店頭販売価格(一括または割賦)で購入し、月額基本使用料(各種割引適用前)を1680円安くする「バリューコース」向けの料金プランだ。このうち、タイプSS バリューはもっとも低価格な料金プランとなっている。このタイプSS バリューの1050円分の無料通話や30秒あたり21円という通話料はそのままに、基本料だけ143円値下げする。

7月1日以降の料金プラン(バリュープラン)
名称 月額基本使用料 無料通信分および通話料 「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」適用後の基本使用料
タイプSS バリュー 1957円 1050円(21円/30秒) 980円
タイプS バリュー 3150円 2100円(18.9円/30秒) 1575円
タイプM バリュー 5250円 4200円(14.7円/30秒) 2625円
タイプL バリュー 8400円 6300円(10.5円/30秒) 4200円
タイプLL バリュー 1万3650円 1万1550円(7.875円/30秒) 6825円
タイプリミット バリュー 2730円 2310円(21円/30秒) 1365円
タイプビジネス バリュー 8610円 5775円(10.5円/1分) 4305円
※タイプSS バリュー以外の料金に変更はない

7月1日以降の料金プラン(2in1プラン)
名称 月額基本使用料 無料通信分および通話料 「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」適用後の基本使用料
タイプ2in1 840円 非対応 非対応
タイプSS 2in1 1957円 1050円(21円/30秒) 980円
タイプS 2in1 3150円 2100円(18.9円/30秒) 1575円
タイプM 2in1 5250円 4200円(14.7円/30秒) 2625円
タイプL 2in1 8400円 6300円(10.5円/30秒) 4200円
タイプLL 2in1 1万3650円 1万1550円(7.875円/30秒) 6825円
ファミリーワイド 2in1 1470円 非対応(26.25円/30秒) 735円
タイプビジネス 2in1 8610円 5775円(10.5円/1分) 4305円
※タイプSS バリュー以外の料金に変更はない

 月額980円の料金プランとしては、付帯条件は一切なし、と明言するソフトバンクモバイルの「ホワイトプラン」が先駆けだが、KDDIも6月10日から割賦販売方式利用時に選べる「プランSS シンプル」で、誰でも割を適用すると基本料が月額980円になる料金プランを提供している。ドコモがプランSS バリューの値下げに踏み切ったことで、携帯3キャリアが最安の月額基本料金で980円を実現した格好になる。なおソフトバンクのホワイトプランには制限事項はないが、KDDIとドコモは2年契約(契約年数10年以上で家族割/ファミリー割引利用の場合は1年契約)が必要。KDDIとドコモは1050円の無料通話が付く点もホワイトプランとは異なる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.