ニュース
» 2008年06月13日 18時01分 UPDATE

PHS&データ通信端末販売ランキング(6月2日〜6月8日):小さい順位の変動はあるものの、停滞状況は変わらず (1/2)

ウィルコム端末とデータ通信端末の販売状況は今回も大きく変わらない。ウィルコムはシンプルでポップなストレート型端末「HONEY BEE」、データ通信端末は7.2Mbps通信対応の「D02HW」が人気となっている。

[岩城俊介,ITmedia]

「HONEY BEE」「WX330K」は依然人気、X PLATEがやや上昇

2008年6月第2週(ウィルコム)
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ HONEY BEE
2 2 京セラ WX330K
3 3 ケーイーエス 9(nine)+
4 4 東芝 WX320T
5 5 シャープ Advanced/W-ZERO3[es]
6 9 セイコーインスツル X PLATE
7 6 京セラ WX320K
8 7 ケーイーエス 9(nine)
9 10 京セラ WX320KR
10 8 ネットインデックス nico+
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo HONEY BEE

 ウィルコム端末のランキングは前回と大きく変わらず、いくつかの機種で順位が入れ替わるほどに留まった。

 首位は「HONEY BEE」、2位は「WX330K」、3位は「9(nine)+」、4位は「WX320T」、5位は「Advanced/W-ZERO3[es]」。これら上位5機種に変動はなかった。

 今回やや大きく順位を上げたのは、セイコーインスツル製の「X PLATE」。前回の9位から6位に入った。

 X PLATEはPIMカードスロットを備え、中国のPIMカードを差すと格安な通話料金が期待できる現地のPHS“小霊通”になるのが特徴。北京オリンピックを含めた中国への観光やビジネス用としても適しそうな端末なのだが、13日に不具合が判明し、販売も一時休止となった。せっかく上昇の兆しを見せたところでこの事態、まことに残念である。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2008年6月13日現在)は以下の通り。

  • 1位:Advanced/W-ZERO3[es](前回1位)
  • 2位:HONEY BEE(前回5位)
  • 3位:WX330K(前回2位)
  • 4位:WX320T(前回4位)
  • 5位:9(nine)+(前回4位)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.