調査リポート
» 2008年06月16日 13時48分 UPDATE

約3割が“ケータイを使うために”トイレに行ったことがある

アイシェアが、トイレでの携帯利用に関する意識調査の結果を発表。約半数が「トイレ内で携帯を使ったことがある」と回答し、使った機能は「メール」が約9割となっている。

[ITmedia]

 アイシェアは6月13日、トイレでの携帯利用に関する意識調査の結果を発表した。調査は5月30日から6月2日まで、同社が提供するCLUB BBQ携帯会員を対象に実施したもので、有効回答数は743人。

 トイレでの携帯電話利用について、「トイレで携帯を頻繁に利用する」と回答した人は13.5%、「トイレではたまに利用する」人は35.7%と、合わせて49.2%がトイレ内での携帯操作経験があることが分かった。「トイレ内での携帯操作」で最も多い答えは「メール」で87.4%で、2位の「ニュース確認」の25.2%を大きく上回った。トイレ内で「通話」をすると答えた人も21.4%となった。

 “なぜトイレ内で携帯電話を利用するのか”について意見を求めたところ、「隠れるため」「勤務中の利用が禁止だから」「仕事の勤務中にメールチェックできる場所はトイレの中くらいなので」といった回答が目立った。「ヒマだから」や「時間がもったいないから」など、時間を有効に使うための利用も多かったが、「会社で気の休まるところがそこしかない」という人いた。「携帯操作を目的としてトイレに行きますか?」という質問には、「全くない」と答えたのは69.3%で、それ以外の人が「携帯電話の操作」目的のためだけにトイレの個室を利用したことがあるようだ。

 トイレでの水没は2割が経験しており、男女で比べると男性12.2%、女性21.2%と、女性の方が約10ポイント上回った。なお水没経験者のうち6割が故障しており、トイレでの水没は故障につながる確率が高いことが分かった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう