ニュース
» 2008年06月25日 18時16分 UPDATE

auケータイ 3000万の顧客基盤を固定に誘導――「auまとめトーク」の狙い

KDDIが8月から、固定と移動を1社で手がけるメリットを生かした「auまとめトーク」を開始する。auケータイとKDDIの固定電話間の通話料を無料にすることで、auケータイ3000万の顧客基盤を生かした固定回線契約の拡大を目指す。

[ITmedia]

 KDDIは8月から、auケータイとKDDIが提供する固定電話サービス間の国内通話料を無料にするFMCサービス「auまとめトーク」を開始すると発表した。定例会見の場で同サービスの概要を説明した小野寺正社長は、KDDIが固定と移動を1社で提供する企業のメリットを生かしたサービスであるとし、「auケータイと固定のシナジーを期待した施策」だと自信を見せた。

 auまとめトークは、auケータイとひかりone電話やメタルプラス電話、ケーブルプラス電話といったKDDIのコンシューマー向け固定電話サービス間の国内通話料を24時間無料にするというもの。ISPが提供する050番号のIP電話サービスだけでなく、0AB〜J系のレイヤーにも適用できるのが他キャリアにはない特徴で、通常の固定電話ユーザーでもauまとめトークを利用できる。「NTT加入の電話番号をそのまま利用でき、面倒な加入電話の休止手続きもKDDIが代行する」(小野寺氏)。また、利用にあたっては、別途申し込みをする必要はなく、適用条件を満たしていれば、8月の利用分から自動で通話無料が適用される。

sa_kd03.jpgPhoto auまとめトークのサービス概要と利用イメージ

au 3000万の顧客基盤を固定に誘導

Photo 定例会見で「auまとめトーク」の特徴を説明するKDDIの小野寺正社長

 同サービス導入の狙いを小野寺氏は、「auケータイの利便性向上と固定回線の獲得」だと説明する。KDDIはauケータイ向けにはすでに、家族間通話の定額サービスを提供しているが、これまでは自宅にいる場合でも定額で通話する場合はケータイを使う必要があった。これがauまとめトークを導入することで、固定電話からでも「(auおうち電話に加入している)家族以外の親戚や友達、3000万のauユーザー宛ての通話が無料になる」(小野寺氏)というわけだ。

 また、「auユーザーであれば、ほぼすべての家庭にある固定電話を“auおうち電話”に変えるだけで、(おうち電話とauケータイ間の)無料通話が可能になる」(同)というメリットを訴求することで、約3000万のauユーザーをKDDIの固定サービスに誘導するのも狙いの1つだ。

 現状、auケータイを利用している世帯が1370万であるのに対し、auおうち電話を利用している世帯は180万にとどまっており、「残りの1190万世帯に、auまとめてトークを使ってもらう」(同)ことで、固定サービスの加入者増を目指す。

 KDDIでは同サービスの導入で20億の減収を見込んでいるが、同社は今年度末までの目標として、直収型固定電話サービスの契約者を一定数まで引き上げることを掲げており、小野寺氏は「固定の数を増やすことを基本的な戦略としている。auユーザーに固定のユーザーになってもらうことで、固定の契約数を増やしていきたいのが第一」と説明。一方で、固定サービスの基本料収入はキャリアにとって魅力的であり、「これが増えることによって全体の売上を増やせる」(小野寺氏)とした。「基本料収入は、NTT東西の大きな収入源になっている。基本的に値下げはしておらず、ここにいかにうまみがあるかということ」(小野寺氏)

 さらに、この施策がNTTの独占性を排除するための手段であるとも付け加えた。「(固定の部分の)NTTの独占性を排除していくためには、我々が直収の顧客を増やさなければならないと考えている。(auまとめトークは)そのための大きな手段になる」(小野寺氏)

 なおKDDIでは、auユーザーのauショップへの来店頻度を上げて、顧客満足度の向上を図ることを目指しており、そのための施策の1つとして、夏モデルに「フルチェンケータイ」や「ナカチェン」を投入している。auまとめトークについても、携帯購入などの機会をとらえて訴求し、拡販につなげたい考えだ。

sa_kd05.jpgPhoto auまとめトークのターゲットとメリット

sa_kd07.jpgPhoto 「auおうち電話」のメリットと、auショップを通じた拡販策

iPhone 3Gの日本投入、「それなりの影響は受けるだろう」と小野寺氏

 7月11日にソフトバンクモバイルがAppleのiPhone 3Gを発売することを受け、記者からはその影響をどう見るかという質問が挙がった。これに対して小野寺氏は「それなりの影響は受けるだろうと考えているが、どこまでの影響が出るかは、まだよく見えない」というにとどめた。対応策については、「もともと、いろいろなことをサービス面で考えているので、iPhone対応ということではなく、これを着実にやることで対応する」とした。



携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.