調査リポート
» 2008年06月30日 07時00分 UPDATE

スマートフォン市場の拡大で、“ケータイ2台持ち”は増えるか

アイシェアがケータイ、スマートフォンの“2台持ち”に関する意識調査の結果を発表。気になるスマートフォンは「iPhone」「WILLCOM 03」が人気を集め、2台持ちする理由については“ビジネスとプライベートを分けるため”という回答が最多となった。

[ITmedia]

 アイシェアは6月27日、「スマートフォン、ケータイの“ニコモチ時代”?スマートフォンに関する意識調査」を発表した。この調査は、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に6月20日から23日まで実施したもので、有効回答数は713人。

 同調査によれば、スマートフォンの中で気になる端末は、日本での発売が決まった「iPhone」が6割で1位。2位につけたのは、女性では「WILLCOM 03」、男性ではUMPCの「WILLCOM D4」となっており、それぞれ約4割という高い関心を得ている。

 また、端末のデザイン性で重視したいのは、女性では「軽量」が70.7%、「カワイイ」が36.7%、「薄さ」が36.3%と並び、男性では「軽量」が67.1%、「小型」が40.0%、「薄さ」が37.8%と続いた。なお「多種なカラーリング」を重視するのは、男性が7.0%、女性が25.0%と圧倒的に女性の方が多く、この差が女性のWILLCOM 03支持の高さにつながっているようだという。

 「スマートフォン市場が拡大すると、2台持ち歩く人が増える」と予想した人は約3割。「減る(1台に集約)」とした人は1割程度だった。また2台持ち歩く『ニコモチ』利用の理由としては、「ビジネスとプライベートを分けるため」とした人が49.6%と5割を占めた。他方で“仕事上での携帯電話を使ったネット通信”は、「少ない」「利用していない」を合わせて71%となっており、スマートフォンを持つ場合“一番安く抑えたいのは”「月額ネット通信料金」だとする回答が60.7%を占めている。

 「スマートフォンがノートPC代わりに普及すると思うか」という質問には、34.5%が「思う」と回答。また、外出時に携帯では解決できず、「ここでPC(インターネットも)が使えれば」と思ったことがある人の割合は、「よくある」が40.8%、「たまにある」が43.1%と、8割以上にのぼった。「スマートフォンで使いたい機能」について、男性は「ブラウザ」が72.2%、女性は「メール機能」が73.3%となったことからも、スマートフォンに対して、外出先でのネット利用を快適にするノートPC代わりの役割を期待している人は多いとみられる。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう