ニュース
» 2008年07月03日 16時13分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、2010年3月までに2Gサービスを終了

ソフトバンクモバイルが、2010年3月までに2Gサービスを終了すると発表した。同社契約数の約2割を占める2Gユーザーには、7月3日から3Gサービスへの変更を案内する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは7月3日、2010年3月末までに2Gサービスを終了すると発表した。同社は2Gサービスの新規申し込み受付を3月末で終了しており、現在、2Gユーザーは総契約数の約2割にあたる414万人となっている。

 ソフトバンクモバイルでは7月3日から2Gユーザーに対し、3Gサービスへの変更を案内するとしているが、変更にあたっての優遇策については「未定」(広報)というにとどめた。

 ソフトバンクモバイルは、1994年4月に2Gサービスの提供を開始。3Gは、2002年12月にサービスをスタートさせ、キャリアポータルの「Yahoo!ケータイ」や国際ローミングサービスの「世界対応ケータイ」を提供するとともに、下り最大3.6Mbpsの通信が可能な「3Gハイスピード」などを展開してきた。2Gサービスの終了は、こうした取り組みが奏功し、3Gへの加入者が増えたことから、3Gサービスに経営資源を集中するためだという。

 なお、同じ通信方式を採用しているNTTドコモは、2007年末でムーバ端末の新規調達を終了しているものの、「ムーバの新規契約終了時期はまだ決まっていない」(広報)としている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう