ニュース
» 2008年07月03日 18時34分 UPDATE

ウィルコム、新サービス「ウィルコム ガジェット」を開始

ウィルコムは「WILLCOM 9」の発売に合わせて、「ウィルコム ガジェット」を提供開始する。待受画面上にさまざまなサービスや機能を設定できるもので、各種情報の確認やサービスへのアクセスを素早く行えるようになる。

[ITmedia]

 ウィルコムは、同社の新モデル「WILLCOM 9」の発売に合わせて、新サービス「ウィルコム ガジェット」を提供開始する。

 ウィルコム ガジェットは、待受画面上にさまざまなサービスや機能を設定可能にするサービス。オンラインサービスの更新情報を定期的に取得でき、ブログの更新やニュースなどの最新情報を待受画面上で確認できる。また設定した機能やWebサービスには、待受画面上からすばやくアクセスできる。

 WILLCOM 9にプリセットされるウィルコム ガジェットは、Google検索、Googleカレンダー、Google乗り換え案内、Gmail、mixiガジェット、NAVITIME乗り換えガジェット、世界時計、デ辞書、W+インフォ、くーろん。今後は、サードパーティメーカーの「dwango.jp☆着メロ検索」「J-POP☆速報」「ファブ★ガジェット」「ニッポン放送ガジェット」が登場する予定で、以降もコンテンツは順次追加されるという。また、一般ユーザーのガジェット開発や配信についても「オープンなものにしたいと考えており、検討中」(広報)とした。

Photo WILLCOM 9にプリセットされるウィルコム ガジェット
Photo ガジェットの提供イメージ

 WILLCOM 9のガジェットは、ACCESSのNetFront Browser Widgetsの採用で実現しており、ウィルコムでは今後、対応機種を拡大する計画。なお、同社のこれまでの端末ラインアップには、京セラ製の「WX330K」「HONEY BEE」など、Operaブラウザを搭載したモデルがあり、同ブラウザ向けにはOperaが「Operaウィジェット」を提供している。今後のモデルでOperaウィジェットを採用する可能性について、ウィルコムは「未定」(広報)としている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.