ニュース
» 2008年07月10日 13時08分 UPDATE

ウィルコムの「X PLATE」、中国国内で日本語SMS送受信に対応──更新ソフトウェア公開

セイコーインスツルは、中国でも使えるPIMカードスロット搭載端末「X PLATE」の更新ソフトウェアを公開。中国語を含むSMS受信と中国国内でX PLATE同士の日本語SMS送受信に対応する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo ウィルコムの「X PLATE」

 セイコーインスツルは7月10日、ウィルコム向け端末「X PLATE」の更新ソフトウェアを公開。中国での利用におけるSMS機能を改善した。

 改善内容は、

  • 中国語を含むSMS受信を可能にする(中国語の文字は、日本語の文字に変換して表示。日本語に変換できない文字は「・」で表示する)
  • X PLATE同士で、中国でも日本語でのSMS送受信を可能にする

 の2点。

 X PLATEは本体にPIMカードスロットを内蔵し、例えば中国のPHSサービスで用いるPIMカードを差すことにより“中国のPHS”として現地通信会社の料金体系で通話できる特徴を持つ。中国のPIMカードは現地で購入する以外に、ウィルコムは渡航前に日本でPIMカードをレンタルするサービスも行う。

 ソフトウェアダウンロードは http://www.sii.co.jp/wx/ から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう