ニュース
» 2008年07月10日 18時16分 UPDATE

KDDI、「au one」トップをリニューアル――通信料が有料になるコンテンツも

KDDIは、8月4日にau端末向けの「au one」トップページをリニューアルすると発表した。デザインがシンプルになる一方、1部のコンテンツで第2階層へのアクセス時にパケット料金が課金されるようになる。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは、auのWIN端末向け「au one」トップページを、8月4日にリニューアルすると発表した。

 現在よりも文字を大きくするなど、見やすくわかりやすいデザインにするほか「スッキリとしたデザインを望む声も多く寄せられた」(KDDI広報)とのことで、ケータイのダイヤルキーをイメージした「リモコンメニュー」を廃止し上下のスクロール量を少なくする。また、HTMLで構成されたシンプル版のトップページも用意される。

 またリニューアルにともない、一部のジャンルについてはパケット料が課金されるようになる。トップページへのアクセスはこれまで通り無料だが、リニューアル後の「ニュース&ビジネス」「マップ&エリアガイド」「ショッピング&オークション」「ライフ」「エンターティメント」「コミュニティ」「パーソナル&ラボ」の7コーナーについては、アクセスする際に7円程度のパケット料が発生する。

 課金する理由についてKDDIは、「au oneトップは、サポート情報や災害伝言板などへのリンクがあるため今後も無料だが、各コーナー(第2階層)へのアクセスは通信料が課金されるのが本来のポリシー。これまではおためし版として無料で提供してきたが、リニューアル後はシンプルでアクセスしやすいページになることから、課金させていただくことになった」(KDDI広報)と説明している。

関連キーワード

au | KDDI | au one | リニューアル | パケット | ポータル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.