ニュース
» 2008年07月14日 16時03分 UPDATE

ドコモの法人向け遠隔操作・管理サービス、機能拡充──Web履歴検索、製造番号指定ロック可能に

ドコモの法人向け遠隔操作サービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」が機能を拡充。管理対象のWeb、iモードメールの履歴検索や端末の製造番号を指定して遠隔ロックできる機能などを追加する。

[ITmedia]
photo サービスイメージ

 NTTドコモは、法人ユーザー向けサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」の機能を8月8日から順次拡充する。

 拡充する機能は以下のとおり。

  • iモードアクセス履歴検索機能を実装
  • ケータイ指定ロックに対応

 iモードアクセス履歴検索機能は、管理対象者のWebアクセス履歴やiモードメール送受信履歴を管理者がWeb管理サイトから検索できるもの。無料オプションとして用意する。2008年9月上旬開始を予定する。

 ケータイ指定ロックは、管理対象者が携帯を紛失した際、管理者の操作で端末の製造番号を指定して機能ロックできるようにする機能。事前に登録した携帯電話端末の製造番号を指定して実施する。実装済みの携帯番号を指定してロックする「おまかせロック」に加え、製造番号を指定できるようにすることで、契約者以外のSIMが挿入されていてもロック操作できるのが特徴。8月8日に開始する。

 このほか、8月8日からiモード非契約のユーザーもビジネスmoperaあんしんマネージャーの管理対象者として設定できるようにした。

関連キーワード

iモード | NTTドコモ | 携帯電話 | 遠隔操作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう