調査リポート
» 2008年07月16日 07時10分 UPDATE

「iPhone 3G」を知ったのは新聞・雑誌・テレビ、「BlackBerry」はインターネットで

ネットエイジアが、BlackBerryとiPhone 3Gに関する意識調査の結果を発表。iPhone 3Gは、メディア報道の影響で発売前には約52%だった認知度が発売後には約75%に上昇。8月1日に個人向けサービスを開始するBlackBerryの認知度は約13%となっている。

[ITmedia]

 ネットエイジアは7月15日、「BlackBerry&iPhoneに関する調査」の結果を発表した。調査は7月14日と15日の両日、15歳から59歳のケータイユーザー2000人を対象に行ったもの。

 同調査によれば、ソフトバンクモバイルが発売したアップルのスマートフォン「iPhone 3G」の認知度が、加熱するメディア報道を背景に大幅に上昇。発売日前日の認知度が52.3%だったのに対し、7月11日から15日の約5日間で、1.4倍にあたる74.7%になったという。

 NTTドコモは8月1日から個人向けの「ブラックベリーインターネットサービス」を開始するが、サービス提供開始約2週間前の時点で、「BlackBerry」の認知度は12.8%となった。

 BlackBerryについて、最初の認知経路で最も多かったのは「PC、ケータイなどを利用した際のインターネットアクセスによって」で43.0%。他方、「iPhone 3G」については、最初の認知経路で最多となったのは「新聞、雑誌、テレビ、ラジオによって」で71.5%だった。

 またiPhone 3Gの購入者または購入予定者では、BlackBerryの認知度は69.2%となっており、比較検討している状況がかいま見える。「PCでのインターネット利用歴」と「BlackBerry」認知度は関係性が高く、利用歴が長いほど認知度が高くなる傾向があり、「利用歴10年以上」では認知度22.3%となった。

 なお、iPhone 3Gについての購入状況、購入予定に関する意識調査を実施したところ、回答者2000人のうち、購入者、購入予定者、購入検討者の合計は229人で11.5%。この割合は、7月9日、10日に調査を行った際の購入予定者または購入検討者の割合11.0%とほぼ変わらなかった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう