ニュース
» 2008年07月16日 21時35分 UPDATE

携帯最新機種や国内納入第1号機を展示──ワイヤレスジャパン2008 パナソニックブースのみどころ

パナソニック モバイルは7月22日開幕の「ワイヤレスジャパン2008」に出展。携帯夏モデル新機種を中心にホームアライアンス製品やASPサービス、国内納入第1号機「TZ-801」などを展示する。

[ITmedia]
photo ブースイメージ

 2008年7月22日から24日まで、東京・有明の東京ビッグサイトでワイヤレス/モバイル機器関連の総合展示会「ワイヤレスジャパン2008」が開催される。

 パナソニックブース(東2 B-406)は、携帯2008年夏モデル「P906i」「P706iμ」「P706ie」(ドコモ向け)、「TROPICAL 823P」「MIRROR II 824P」「921P」(ソフトバンクモバイル向け)のタッチ&トライコーナーを中心に、ワイヤレスWAN搭載の「Let'snote W7」、ネットワークカメラソリューション、携帯向け画像蓄積・閲覧サービス、HTMLメール配信サイト向けASPサービス、モバイルコンテンツオーサリングツール「Media Artist」の展示とともに、さまざまな地球環境へグループで取り組む「エコアイディア」を紹介する。

 このほか、国内の携帯納入累計1億台を記念し、納入第1号機となる自動車電話「TZ-801」など“日本の携帯電話の歴史”を飾る展示コーナーも設ける。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう