ニュース
» 2008年07月24日 20時56分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2008:「N906iL onefone&ホームU」の速さを実演でアピール――NECブース

ワイヤレスジャパン2008のNECブースでは、ホームU対応の「N906iL onefone」を使ったミニステージが行われ、最大54Mbpsの高速通信をアピール。もちろん、ドコモとソフトバンク向け夏モデルも勢ぞろいした。

[平賀洋一,ITmedia]
photo NECブース

 ワイヤレスジャパン2008のNECブースでは、NTTドコモ向けの夏モデル「N906i」「N906iμ」「N906iL onefone」「N706ie」「N706i」と、1年半ぶりに供給を再開したソフトバンクモバイル向けの新モデル「820N」「821N」の実機を大々的に展示。特に、N906iのスマイルシャッター、N906iμのワンセグ機能、N706ieのワンタッチオープン機構と常時点灯可能なサブディスプレイの歩数計、N706iと820N/821Nの青色LEDを使ったマイシグナルなどが人気だった。

 無線LANを搭載したN906iL onefoneについては、ドコモの「ホームU」サービスを使ったデモをミニステージで披露。iモードの接続速度や、メールの送受信速度、動画のストリーミング性能などを「N904i」と比較し、大容量・高速通信のメリットを紹介した。

photophoto NECが今夏発表した、NTTドコモ向け端末とソフトバンク向け端末

 またミニステージ横では、昨年に続き次世代ケータイのコンセプトモデルを展示。本格的な映像撮影と編集が可能な“モバイルブロードキャスト”、就学児童向けに多彩なカメラ機能を持つ“モバイルキッズラボ”、NGN時代のシンプル端末“スーパースリム”、Nの原点でもある折りたたみ型端末をさらにコンパクトにし、各パーツを好み応じて交換できるようにした“シンプルクラムシェル”の4機種が紹介されていた。

 音声端末と同時に、ドコモのFOMA HIGH-SPEEDモジュールを搭載したノートPC「LaVie G タイプJ」も用意され、下り最大7.2Mbpsという高速通信を体感することができた。「会場内はあまり電波状態が良くない」(担当者)とのことだったが、コンスタントに3Mbps程度を記録。現在選べるのはFOMA網のみだが、ほかのキャリアを使ったサービスを検討しているという。

 こうしたイベントでは当たり前となった来場者アンケートだが、今回もNECは現行端末を使ったシステムを用意。回答者には東京・日本橋にある、NECギャラリー併設カフェ「espressamente illy」(エスプレッサメンテ・イリー)のアイスコーヒーが振る舞われたほか、NECグッズが当るルーレットも人気を博していた。

photophoto 8月から9月発売予定の「N706ie」。使いやすさを重視した本体サイズとボタンサイズのスタンダードなワンセグ搭載端末で、大きな文字のメニュー画面、騒がしい場所で通話を聞き取りやすくする機能、片手でかんたんに端末を開くことができるワンタッチオープン機構を搭載した

photophotophoto Francfrancとコラボレートしたデザインケータイ「N706i」(写真=左)、薄型ボディにワンセグを搭載したハイエンドモデルの「N906iμ」(写真=中央)、笑顔を検出し自動で写真を撮影する「スマイルフェイスシャッター」搭載の「N906i」(写真=右)

photophoto 無線LANを搭載したN906iL onefone。ホームUサービスは対応ISPによるブロードバンドと、対応無線LANルーターが必要なため、なかなか実物を目にする機会がない。会場では実機を使ったミニステージで、高速通信をアピールした

photophotophoto ソフトバンクモバイル向けの「820N」「821N」。スリムなボディにワンセグを搭載し、7×17個の青色LEDによるマイシグナルが特徴

photophotophoto 下り最大7.2MbpsのFOMA HIGH-SPEEDモジュールを搭載した「LaVie G タイプJ」のワイヤレスWANモデル(写真=左)。ルーレットによるノベルティプレゼントも人気(写真=中央)。アンケートに答えて、アイスコーヒーを1杯サービス

photophotophoto 展示されていたコンセプトモデル4機種(写真=左)。“モバイルブロードキャスト”(写真=中央)と“スーパースリム”(写真=右)

photophoto “モバイルキッズラボ”と“シンプルクラムシェル”

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう