ニュース
» 2008年07月25日 15時41分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2008:KYOCERA&SANYOブランドの夏モデルはもちろん、「iBurst」も人気――京セラブース

ワイヤレスジャパン2008の京セラブースでは、KYOCERAとSANYOの両ブランドの夏モデルや海外端末を多数紹介したほか、「WiMAX」「次世代PHS」「iBurst」と3つの無線通信技術を展示した。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 京セラブース

 ワイヤレスジャパン2008の京セラブースには、auのSANYOブランド端末「W63SA」と「W64SA」、KYOCERAブランドの「W64K」「W63K」「W62K」、ウィルコム向けの「HONEY BEE」「WX330K」の実機を展示。また、海外向けにKYOCERA/SANYOの両ブランドで展開する音声端末なども手に取ることができた。

 なかでもW64SAは、モーションセンサーを利用しケータイを振ることで背面のイルミネーションパネルが光る「シェイクイルミ」機能搭載の端末。振るたびに色の組み合わせが変わり、その結果から色診断を受けることができる。発売前のポップなボディカラーだけでもかなり目を引いていたが、多くの女性来場者が色診断機能を試そうと足を止めていた。また、ハチのキャラクターが人気のHONEY BEEコーナーも、派手なセットを組んで人気の様子だった。

 技術関連では、「次世代PHS」「WiMAX」「iBurst」と3つの無線通信規格をまとめて展示。どれもデモなどは行われず、次世代PHSは基地局モックアップの展示などにとどまったが、WiMAXとiBurstの端末展示や、iBurstのハンドオーバー特性を示すジオラマなどが注目を集めていた。

photophoto 「W64SA」と「HONEY BEE ブルーシールアイスクリームモデル」のコーナーは特に力が入っていた

photophoto SANYOブランドの2モデル。振ると背面パネルの色が変わるシェイクイルミを搭載したW64SA(写真=左)と、海外でもW-CDMA方式の通話が可能な「W63SA」(写真=右)

photophotophoto KYOCERAブランドでは、スタンダードなワンセグモデルの「W64K」(写真=左)、日本語入力システムにiWnnを採用したストレート端末の「W63K」と折りたたみ型の「W62K」の3モデルを展示

photophotophoto ウィルコム向けPHSでは、ブルーシールアイスクリームモデルが発売されたばかりの「HONEY BEE」が派手なディスプレイで製品をアピール。またウィルコム同様に、「WX330K」の法人向けモデルも参考出展されていた

photophotophoto 海外でも、KYOCERAとSANYOの両ブランドで端末を展開する京セラ(写真=左)。日本ではなかなか目にすることができない海外キャリアの端末を見ることができた。北米向けのSANYOブランド端末。左から「SCP-3800」「PRO700」「PRO200」。PRO700はタフネス仕様のEV-DO Rev.Aモデルだ(写真=中央)。南米向けの「E4000」は、Windows Mobile 6.0を搭載するストレート端末。Bluetoothにも対応している(写真=中央)

photophoto KDDI向けのデータカード「W05K」と(写真=左)、組み込み用の通信モジュール(写真=右)

photophotophoto iBurstのハンドオーバー特性を説明するジオラマ。新幹線が青と赤の2つの基地局をハンドオーバーしながら走行する

photophoto iBurstとモバイルWiMAX用端末。折りたたみ型のWiMAX端末(試作機)はCDMA2000とのディアル端末で、PCとUSB接続してデータ通信モデムにすることもできる

photophoto iBurst端末とWiMAX端末の詳細

photophoto 次世代PHSについては、パネルと基地局モックアップの展示のみだった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.