速報
» 2008年07月29日 23時01分 UPDATE

カシオ日立モバイル、3機種目の米国向けケータイをベライゾンワイヤレスに供給

[ITmedia]
Photo カシオ日立モバイルコミュニケーションズ製の「G'zOne BOULDER」

 カシオ日立モバイルコミュニケーションズは7月29日、CDMA2000 1x EV-DO Rev.A方式を採用した「G'zOne BOULDER」を、米ベライゾンワイヤレス向け3号機として供給したことを発表した。同端末は同日から販売が開始された。

 カシオ日立モバイルコミュニケーションズは、カシオ計算機が2004年、日立製作所との合弁で設立した携帯電話の開発会社で、主にauブランド向けの端末を開発している。2006年に北米市場に参入し、ベライゾンワイヤレスに防水・耐衝撃性能の携帯電話「G'zOne TYPE-V」を供給。翌年には2号機として「G'zOne TYPE-S」を投入した。

 3モデル目となるG'zOne BOULDERは、CDMA2000 1x EV-DO Rev.A方式を採用しており、携帯電話をトランシーバのように使えるプッシュ・トゥ・トーク機能を備えるなど高性能化が図られた。防水・耐衝撃性能はそのままに、G'zOne TYPE-Sに比べて厚さが約5.5ミリ減、重さが21グラム減と薄型・軽量化を実現したという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう