速報
» 2008年07月30日 23時03分 UPDATE

日本通信の米子会社、世界初の通信時間つきATMを提供

[ITmedia]

 日本通信は7月30日、米国でMVNOビジネスを展開する同社連結子会社Communications Security and Compliance Technologiesが提供する無線専用線が米国のATMメーカーに採用され、世界で初めて通信時間つきATMを提供すると発表した。

 今回採用を決めたのは、米国のATMメーカーWIRED TECHNOLOGIES。競合ベンダーの中から、通信時間つきATMを売り切りで提供できるサービスを提案したContour Networksが選ばれたという。通信時間つきATMは、新たに固定専用線を敷設する必要がなく、ATMを設置する場所の制約がないほか、設置後すぐに稼動させられる。

 Contour Networksが提供する金融決済向け無線専用線では、従来の固定専用線と比較して通信コストを50分の1以下に抑えられる。なお、Contour Networksが提供する無線専用線は、固定専用線と同等以上のセキュリティが確保され、クレジットカード業界における情報保護の国際基準“ペイメントカード業界データセキュリティ基準”の認定を受けている。

関連キーワード

ATM | セキュリティ | 日本通信 | MVNO


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう