調査リポート
» 2008年08月01日 07時05分 UPDATE

ケータイで最もよく見るニュースは

MMD研究所がケータイ向けニュースサイトの利用動向に関する調査結果を発表。ニュースの閲覧は「無料サイトを利用している」という回答が8割に上り、iチャネルやEZニュースフラッシュなどのプッシュ型配信サービスの人気が高い。

[ITmedia]

 MMD研究所は7月31日、「携帯ニュースサイトに関する利用動向調査」の結果を発表した。調査はWaybが運営する“モバポチャ”など、計12社、モバイル13サイトの協力を受け、7月18日から同22日まで実施したもので、有効回答数は3585人。

 携帯電話のニュースサイトを「利用したことがある」人は77.0%、「利用したことはない」人は23.0%。年代別では、10代で「利用したことがある」人は5割以上、20代前半と30代前半では7割以上、20代後半、30代後半、40代以上は8割以上利用経験があるという結果となった。

 実際に利用しているニュースサイトについては、「無料サイトを利用している」が81.1%、「有料サイトを利用している」が8.3%、「利用していない」が10.6%となった。具体的には、NTTドコモでは「iチャネル」利用者が60.5%、auでは「EZニュースフラッシュ」が72.9%、ソフトバンクでは「Yahoo!」が70.5%。いずれのキャリアも各キャリアのニュース・情報配信サービスとYahoo!が上位に並んだ。

 携帯ニュースサイト利用者が携帯電話でニュースを見る頻度は、「毎日」が65.6%と最も多く、次いで「週に2、3回」が21.4%、「週に4、5回」が6.9%と並んだ。携帯電話のニュースサイトを閲覧しているのは、「自宅にいる時」が60.5%で最多。これに「待ち合わせなどの時間つぶし」が56.0%で続いた。

 見ているニュースサイトは、「天気予報」が86.4%と最も多く、次いで「芸能」が75.2%、「スポーツ」が52.9%となった。男女別に見ると、男性では「天気予報」が85.0%、「スポーツ」が71.8%、女性では「天気予報」が87.2%、「芸能」が81.6%、「エンタテインメント」が51.5%と並んだ。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう