調査リポート
» 2008年08月04日 20時57分 UPDATE

iPhoneの操作、10代・20代は「難しそう」が2割強──アイシェア調べ

アイシェアが、「iPhone操作体験に関する意識調査」の結果を発表。iPhone 3Gに対して4人に1人は新鮮な驚きを感じたようだが、他方で「壊れそう」が2割を超えた。10代、20代では「操作がむずかしそう」という回答も2割強あった。

[ITmedia]

 アイシェアは8月1日、「iPhone操作体験に関する意識調査」の結果を発表した。調査は7月18日から同22日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は433人。

 同調査によれば、iPhoneを購入した人は全体の2.1パーセント、「予約した」人は0.7パーセントだった。男女別では、男性が3.4パーセント、女性が1.4パーセントで、男性の購入者が女性の倍以上となっている。年代別では、年齢層が高いほど購入者の割合が増える結果となった。周囲の所持状況は「周りに1〜4人所持者がいる」が10.9パーセント、「5人以上いる」が1.6パーセントで、全体の12.5パーセントが「周囲に所持者がいる」と回答している。

 iPhoneを操作した経験のある人は全体の21.5パーセント。操作した感想を聞くと、41.9パーセントが「もっと安かったら(サービス料金も)欲しい」と回答。また26.9パーセントが「新しい感覚」、23.7パーセントが「ケータイではないと思った」、22.6パーセントが「すごいと思った」と答えており、4人に1人は新鮮な驚きを感じたようだという。他方で「壊れそう」と回答した人も2割を超えており、10代、20代では「操作がむずかしそう」も2割強となった。

 なお、操作経験者の4人に1人が「今後国内メーカーに期待」と回答しており、「国産」への信頼度、新機能・新サービスへの期待度も高い。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.