調査リポート
» 2008年08月08日 07時20分 UPDATE

ケータイのバッテリー、消耗を抑えるためにしていることは?

ネットエイジアが、外出時のケータイ充電に関する実態調査の結果を発表。出先でバッテリー切れを経験したことがあるという回答は半数超となり、約8割が消耗を少なくするために何らかの対策を講じている。

[ITmedia]

 ネットエイジアは8月7日、「外出時のケータイ充電」に関する実態調査の結果を発表した。調査は7月31日から8月4日まで、15歳から39歳の携帯電話ユーザー455人を対象に行った。

 現在利用している携帯端末の電池の持ちについて聞いたところ、「かなり満足」という回答が9.7%、「まあまあ満足」が37.6%と、合わせて47.3%が満足していた。そのほか「どちらともいえない」が20.2%、「やや不満」が22.4%、「かなり不満」が10.1%だった。

 キャリア別に見ると、満足度が高いのはauユーザーで「かなり満足」11.4%と「まあまあ満足」38.3%を合わせて49.7%。逆に満足度が低かったのはソフトバンクユーザーで、「かなり満足」が6.6%、「まあまあ満足」が36.1%と合計42.7%にとどまった。男女年代別では、不満度が高いのは30代男性。「かなり不満」14.4%と「やや不満」27.2%を合わせて41.6%が不満を感じていた。

 携帯の電池の消耗を少なくするために心がけていることを複数回答で聞くと、「特にない」という回答は24.4%で、75.6%は何らかを心がけていた。トップは「電池が残り少なくなってから充電する」で50.1%、次いで「省電力表示にしている」が37.8%。このほか「圏外で電源を切る」が7.0%、「こまめに電源を切る」が4.4%となっており、自由回答には「電池が完全になくなってから充電する」という回答も複数見られた。

 外出先で携帯の電池が完全になくなったことが「よくある」と回答した人の割合は17.4%、「ときどきある」が39.6%で、合計57.0%が携帯の電池が完全になくなった経験をしていることが分かった。

 外出先でケータイの電池が完全になくなったことが「よくある」「ときどきある」と回答した人に、電池がなくなった時に外出先でどのように充電したのかを複数回答形式で聞いたところ、「簡易式充電器を購入して充電」という回答が最多で、これに「車で充電」が続いた。なお男性では「車で充電」がトップとなっている。

 端末購入時のACアダプタを除き、購入したことのあるケータイ用充電器については、最も多かった回答が「電池交換式充電器」で34.7%。以下、「車載式充電器」が27.0%、「使いきり電池充電器」が21.1%となった。男女別に見ると、購入経験は男性79.3%、女性60.3%と男性が多い。購入したものは、男性では「車載式充電器」が35.7%、「電池交換式充電器」が35.2%、女性では「電池交換式充電器」が34.3%、「車載式充電器」が19.4%と充電器の購入率に差が出ている。

 今後購入したい携帯用充電器は、実際の購入経験では1.1%しかなかった「ソーラー充電式充電器」が37.1%で最多となった。そのほか「電池交換式充電器」「車載式充電器」「手動充電タイプ式充電器」がいずれも16%台の購入希望となっている。

関連キーワード

車載 | 携帯電話 | 省電力


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう