ニュース
» 2008年08月21日 15時56分 UPDATE

手書きデータを、その場でサーバに送信――ドコモ、「MobilePenサービス」を提供

手書きデータをデジタル化して、即座にサーバへ送信――。NTTドコモが9月1日から、デジタルペンとBluetooth携帯を利用した「MobilePenサービス」を法人向けに提供する。申し込み受付や作業報告、アンケートなどの業務に役立つとしている。

[ITmedia]
Photo MobilePenサービスのロゴ

 NTTドコモは9月1日から、デジタルペンとBluetooth携帯を活用した法人向けASPソリューション「MobilePenサービス」を提供開始する。同サービスは、スウェーデンのアノトの技術を採用したデジタルペンと専用用紙、Bluetoothケータイを活用して実現するもので、企業がシステムを構築する必要のないASPサービスとして提供する。

 用途として想定するのは、各種金融商品の申し込み受付業務や保守点検などの作業報告業務、アンケート業務など。記入した文字はデジタルペンからBluetooth経由で対応端末に送られ、その後FOMA網経由でサーバに送信する仕組みだ。

Photo デジタルペンの仕組み。ペンは筆圧を感じるとカメラが起動し、専用紙のドットを読み取ることでペンの軌跡をデジタル化して記録する。ペンに保存されたデータは、内蔵のBluetooth経由で携帯電話に送信できる
Photo MobilePenサービスの利用イメージ

 これまで上記の業態では、記入した情報を郵送したり持ち帰ったりする必要があったが、MobilePenサービスを利用することでその必要がなくなる。また、遠隔地のオフィスからでも、記入内容の確認が可能になるなど、業務の効率化が期待できるという。

 システムの導入にあたっては、初期費用としてASP初期登録料と「MobilePenサービス」専用デジタルペンの購入費用、月額利用料としてASP利用料金が必要となり、申し込みは、ドコモの法人営業部門で受け付ける。なお、同サービスに対応するBluetooth端末は「P903i」「P904i」「P905i」「P906i」の4機種。

 ドコモは9月から、同社が提供しているクレジットサービス「DCMX」について、イベント会場などでの申し込み受付に「MobilePenサービス」を採用するとしている。

モバイルペンの仕様
重さ 30グラム
サイズ 長さ157ミリ、最太部直径21ミリ、最細部直径18ミリ(キャップをはめた状態、突起物除く)
連続筆記時間 約2時間
スタンバイ時間 約10時間(キャップを外した状態)



携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.