レビュー
» 2008年08月30日 03時27分 UPDATE

現地版「OMNIA」レビュー:第1回 Samsung「OMNIA」ファーストインプレッション (1/4)

Samsung電子の「OMNIA」は、大型タッチパネルを搭載するハイスペックスマートフォン。2008年秋冬モデルなどで日本でも同系端末が発売されるとも言われている端末だ。このOMNIAはどのような端末なのか。香港在住の筆者が現地版を入手したので、早速実機とともにその全容に迫ってみよう。

[山根康宏,ITmedia]
photo Samsung電子の「OMNIA」。本体サイズは56.9(幅)×112(高さ)×12.5(厚さ)ミリ。幅50ミリほどの一般的な折りたたみ端末より少し幅広いくらいで、例えば、よくある名刺ケースを2つ重ねたほどという感じだろうか

 Samsung電子の「OMNIA」(SGH-i900)は、Windows Mobile 6.1 ProfessionalをOSに採用したスマートフォンである。

 大型のタッチパネルディスプレイを搭載したその外観から、ビジネス向けというよりもApple「iPhone 3G」と同類の"マルチメディア端末"、あるいは"モバイルインターネットデバイス"という印象を受ける。そのためOMNIAは、“iPhoneの対抗製品”とも見られがちだが、実際はどうなのだろうか。果たしてどこまでiPhoneに近く、どうiPhoneと異なるのだろうか。まずはOMNIAの基本スペックを確認しよう。

 OMNIAは、CPUにMarvell PXA312/624MHzを搭載する。これはWindows Mobileスマートフォンに載るCPUとしては2008年8月現在最速クラスで、実際にウィジェットなど、アイコンを多用する操作時もOMNIAは快適にサクサクと動いてくれる。

 一方で、高速なCPUを搭載したことにより駆動時間への影響が懸念されるが、1440mAhの大用容量バッテリーで、連続待受500時間(2G時)/400時間(3G時)とかなりの長時間駆動を実現する。ちなみにバッテリーはカバーを開けて交換可能だ。通信方式はHSDPA/W-CDMA 2100MHzに対応するほか、GSM/EDGEの850M/900M/1800M/1900MHzに対応する。

photo OMNIAのパッケージ。TouchWiz UIを特徴的に表したデザインとともに「A Truly all-in one phone」の表記がある

 内蔵メモリは、メディアプレーヤーとしての利用には十分な16Gバイトと8Gバイトのモデルを用意する。さらにmicroSDスロット(microSDHC対応)もあり、ストレージ容量の拡張が可能だ。メモリカードの着脱はバッテリーを外す必要があるが、これはメモリカードを外部記憶領域というより、“内蔵メモリの拡張”として利用するイメージだからだろう。

 本体の外観はタッチパネル端末だけあり、キー類が少なくすっきりしたデザインとなっている。上部に電源キー、左側面にストラップホールと通信/充電端子、右側面にメニューキーと音量調整キー、シャッターキーを配置する。裏面にAF(オートフォーカス)付きの500万画素カメラを搭載し、ヘアライン加工を施した金属調パネルが高級感を演出する。

 ディスプレイはワイドQVGA(400×240ピクセル)の3.2インチタッチパネル。タッチパネルの方式はiPhoneの静電容量方式とは異なり、感圧式を採用する。この感圧式タッチパネルは、指先だけでなく爪やスタイラスペンなどによる操作も可能だ。ユーザーインタフェース(UI)はSamsung電子が独自開発した「TouchWiz UI」を搭載し、画面のタップやドラッグなどで直感的に各種機能を操れる。ディスプレイの下に発話キー、光学センサーによるポインティングデバイス、終話キーを備える。

photophoto タッチパネル端末だけに、キー類は少ない。裏面のカメラはレンズの出っ張りもなく、スマートに収まっている。メモリカードスロットはバッテリーを外してアクセスする
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.