速報
» 2008年09月09日 23時12分 UPDATE

より多くの情報をQRコードで――デンソーウェーブ、「iQRコード」を開発

[ITmedia]

 デンソーウェーブは9月9日、従来のQRコードを進化させた新たな2次元コード「iQRコード」を開発したと発表した。

 iQRコードは情報の表現密度を高めた2次元コードで、QRコードと同じスペースにより多くの情報を格納でき、従来と同じ情報量なら、より小さなスペースに印字できる。マイクロQRコードの11×11セルより小さい9×9セル構成のコードや、縦横のセル数が異なる長方形のコードも生成でき、従来のQRコードやマイクロQRコードでは印字が難しかった極小部品や帳票の端、円柱面など特殊な形状のものに印字できる。

 iQRコードの仕様はJISまたはISOに規格化提案する予定で、QRコードと同様に一般公開し、制限なく利用可能にするという。プリンタメーカーやレーザマーカーメーカーに対しては2009年1月以降ライセンス供与を開始し、iQRコードに対応した製品は随時発売される予定だ。

 デンソーウェーブは、9月10日から同12日まで東京ビッグサイトで開催される「第10回自動認識総合展」の同社ブースにiQRコードを出品する。

関連キーワード

QRコード | 東京ビッグサイト | 帳票


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう