ニュース
» 2008年09月17日 14時30分 UPDATE

「W62S」のケータイアップデート開始――海外で利用できない不具合を改善

KDDIは、ソニー・エリクソン製GSM対応端末「W62S」のケータイアップデートを開始した。GSMモードで海外キャリアのネットワーク検索ができない不具合を改善する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo W62S

 KDDIは9月17日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のグローバルパスポート GSM対応WIN端末「W62S」のケータイアップデートを開始した。

 このアップデートにより、海外(GSM)モードで、海外の携帯通信事業者のネットワーク検索に失敗し圏外表示となる、または検索結果が正しく表示できないという問題を改善する。なお、この事象が発生した場合、圏外(海外の携帯通信事業者の電波の届かない場所)に移動して、再びエリア内に戻ると解決する場合があるという。

 今回のケータイアップデートの所要時間は約7分。手動のほか、日時を指定して自動的にアップデートすることも可能だ。アップデートの情報料や通信料は無料。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう