調査リポート
» 2008年09月25日 18時04分 UPDATE

7割の親が「子供が利用するケータイサイトを知らない」

アイシェアとワイズスタッフが、子供のケータイ利用に関する親の意識調査の結果を発表。ケータイ利用について「ルールを決めている」という親が約6割に達したものの、「子供が利用しているサイトを知らない」という回答も7割にのぼった。

[ITmedia]

 アイシェアとレシピサイト“スピードクッキング”を運営するワイズスタッフは9月24日、「子どもの携帯電話使用に関する意識調査」の結果を発表した。調査は9月5日、スピードクッキング登録会員のうち、小、中、高校生の子どもを持つ親を対象に実施したもので、回答者数は288人、延べ子ども数は439人。

 同調査によれば、携帯電話の使い方について「子どもとルールを決めている」と回答したのは59.8%で、高校生に関しても51.8%と半数以上が何らかのルールを定めていることが分かった。「そのルールは守られているか?」という質問には82.2%が「よく守られている」と答えており、反抗期の中学生でも75.0%と高い割合を示した。具体的なルールについては(自由回答形式)、「料金の上限」「利用時間や相手の制限」のほか、「自分の部屋に持ち込ませない」「リビングでしか使わない」といった「使用場所を制限する」ルールが目立ったという。

 子どもに携帯電話を与えてよかったと考えているかを聞くと、15.4%が「大変そう思う」、59.8%が「まあそう思う」と答え、4人に3人は肯定的だった。特に小学校低学年では88.2%の親が満足を示した。「携帯電話を持たせることで親子のコミュニケーションは変化したか?」という問いに対しては、「特に変わらない」との回答が81.1%だったが、15.4%は「良くなった」と回答。反抗期が始まり難しい年齢に差し掛かる小学校高学年では27.6%、中学生では18.4%とコミュニケーション貢献度の評価が高かった。

 他方で、子どもの利用状況をどの程度把握しているかを見ると、メールの頻度については「どのくらい使っているかわからない」が30.2%、高校生では48.2%と半数近くを占めた。携帯電話の使用時間も、中学校以下ではある程度把握できているが、高校生では「どのくらい使っているかわからない」が27.1%。また5人に1人にあたる21.3%の親は携帯で連絡を取っている相手の名前を全く知らず、携帯でインターネットを利用している子どもを持つ親の72.3%は、携帯でアクセスしているインターネットのサイトを「知らない」と答えている。

 フィルタリングサービスの利用者は小学生、中学生では50%前後だが、高校生では17.6%で全体では34.3%。GPSは小学校低学年では半数を超えるが、高学年では44.8%、中学校では26.3%と学年が上がるにつれ低下しており、全体では21.3%にとどまった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.